Q

摂食障害は誰に診てもらったら

長期間の摂食障害、主に過食嘔吐が続いています。心療内科、精神科、カウンセリングなどにかかることを考えていますが。
カウンセリングと医者のどちらに診てもらった方がいいでしょうか。併用が良いのでしょうか。迷っています。
また、いずれにせよ受診する上での注意点はありますでしょうか。

質問者:ゆり さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

摂食障害の治療法には、以下のものがあります。
まず、身体的治療として

(1)薬物療法
摂食障害の治療は心理療法が主体であり、薬物はあくまでも補助的療法ですが、病気から派生する心身の症状を軽減するのに効果を発揮します。摂食障は身体症状・精神症状・行動が悪循環しながら悪化するので、薬を適切に使うとこの悪循環を拡大せずにすむ場合もあります。

精神面の改善に対しては、抗不安薬や抗うつ薬がよく処方されます。低栄養がある場合には、栄養補給としてアミノ酸製剤や栄養剤を使うこともあります。その他に、消化薬,吐き気止め,便秘予防,自律神経調整薬,ビタミン薬,胃腸機能調整薬などが用いられます。

(2)栄養指導
摂食障害では栄養指導は重要な治療法で、食べ方や食べる量を強制するものではなく、痩せたいという願望や心理状態を受け入れて、現状に即したアドバイスが行われます。

心理・行動面への治療として
(1)家族療法
家族療法は、個人ではなく家族全体という視点に立って治療を進める方法です。個人がどうかというより、家族全体として相互がどう影響しあって反応しているかを重視して考え、また、過去にこだわらず“今ここで、なにをすべきか”を主題とした具体的な問題にとり組みます。

(2)家族カウンセリング
病気と患者への理解
摂食障害への理解を深めてもらうと同時に、患者の気持ちを理解できるように話し合う。もし誤った認識や対応があれば、どう変えていくかを考えるなど。

従って、薬物療法、カウンセリングの両面をうまく使っていくことでより効果的な治療が期待できます。

心療内科は薬物療法、カウンセリングのいずれにも対応できますので、受診されてはいかがでしょうか。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

精神科と心療内科は、基本的には診療の進め方のスタンスが異なると認識していたのですが、個々の病院では必ずしも、そうではないこともあるようです。

受診の気持ちのハードルから考えると、心療内科を受診されてみませんか。そして、自分の気持ちに合うところで、治療をされればいいと思います。自分で信頼できないと結局はうまく行きません。そして、信頼できる相手が、必ずしも、耳に心地よいことばかりをいうヒトとは限らないということをお忘れにならないことが、注意点でしょう。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。