Q

増殖性糖尿病網膜症について

汎光凝固術の完了から2ヶ月なりますが、今後、増殖停止が確認されれば、その状態を維持することは可能なのでしょうか。
現時点、未だ、少量ながら出血があるようですが、止血剤を服用している状況です。

質問者:yoshi さん

広島の開業医 先生
眼科

広島の開業医 先生

網膜光凝固を開始したときの状態によっても、かなり異なります。
糖尿病網膜症で視力悪化のリスクになるのは、黄斑浮腫、硝子体出血、網膜剥離、虚血性視神経症の合併が契機になることが多いです。
現在、増殖糖尿病網膜症があっても、上記合併症をまだ生じてないのであれば、現在の視力を維持できる可能性は充分あるでしょう。

もちろん、血糖コントロールが安定していることが前提です。数ヶ月単位で停止しているとは言えず、年単位でみても変化がないなら、初めて停止している状態と考えてもいいかもしれません。

yoshiさん

ご回答ありがとうございます。
黄斑浮腫は、多少ですが、軽減しているようでした。
増殖膜から少量の出血が数カ所あるようで、止血剤を服用して2ヶ月経過していますが、継続して服用中です。
網膜剥離はありません。虚血性視神経症については分かりません。次の診察の時、確認してみたいと思います。

血糖のコントロールは、先月のHbA1cが4.1でしたが、正常値以内をコントロールできれば、増殖膜の活動を停止させることが可能なのでしょうか。私の連例は、38歳男性です。

yoshiさん

私の年齢は、38歳男 性です。

広島の開業医 先生

血糖のコントロールは必要条件ではありますが、十分条件ではありません。
適切なタイミングでの光凝固や硝子体手術を念頭において経過観察してもらうことが重要と思います。もちろん、そういった処置を必要としない方もたくさんおられます。
血糖のコントロールが良好でも、増殖性変化が進む場合もあります。yoshiさんの場合は、浮腫も軽減して、光凝固もひとまず一段落しているとのことですので、増殖性変化は沈静化傾向にあるかもしれません。
ただ、血管や血流の脆弱化したものは落ち着いてくるまでにかなりの年月が必要でしょう。まだ、黄斑部浮腫や虚血に対する経過観察は必ず必要と考えます。

硝子体出血の量と再発頻度によっては、硝子体手術が必要かもしれません。血液中にも増殖因子が含まれていますので、再出血がなくなれば一安心です。

血糖のコントロールに関してですが、高血糖の持続もいけませんが、低血糖発作は急激な視力低下の一因になりやすいと感じていますので、そのあたりも再確認してください。

yoshiさん

早速のご回答ありがとうございます。
出血に関して、アドナを服用していますが、まだ、出血は治まっていないようです。
2週間に一回の割合で通院し経過観察の予定です。

今のところ、低血糖発作はありませんが、今後も、注意します。

アドバイス、本当に、感謝しております。
ありがとうございます。

yoshiさん

増殖停止が確認された場合、良好な血糖のコントロールなどを前提に、その状態を数年、あるいは十数年と維持できるものなのでしょうか。
また、そのような患者さんなど、いらっしゃらないでしょうか。

広島の開業医 先生

増殖性変化の活動性がなくなった状態で停止しているかたは沢山おられます。
光凝固をはじめとする処置が十分であれば、なにも無期限に増殖し続けるわけではありません。

yoshiさん

ご回答ありがとうございます。
増殖性変化の活動性の停止状態の確認まで、多少の時間は必要かとおもいますが、残された視力を維持するため、がんばりたいとおもいます。
アドバイス、本当に、感謝します。

へたれ循環器専門医 先生
循環器内科

へたれ循環器専門医 先生

網膜症の進行は、糖尿病のコントロールにも左右されますが、如何なのでしょうか?それが一番大切な要因なのですが。

yoshiさん

ご回答ありがとうございます。
先月のHbA1Cは4.1でした。正常値内を維持できれば、増殖を止められるのでしょうか。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。