Q

角膜炎について

角膜炎と診断されて2週間くらい経つんですが、いまだに曇ってるように見えて、まばたきすると何かにあたってるような違和感がします。

角膜炎とはどれ位で完治するものなのでしょうか?

また、仕事へ復帰は問題ないのでしょうか?

質問者:気丘 さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

この病気は、完治することが多いようです。ウイルスが原因の場合(単純ヘルペス、帯状疱疹の場合を除く)、特に治療は必要なく、3週間くらいで治ります。細菌感染やコンタクトレンズによる刺激が原因の場合は抗生物質を使用します。ドライアイが原因の場合は、軟膏や人工涙液(人の涙に似た成分でつくられた点眼薬)が有効です。強い紫外線が原因の場合は、抗生物質軟膏、瞳孔を開く点眼薬(点眼薬と眼の軟膏の使い方を参照)、眼帯などで症状が軽減できます。薬に対する反応や点眼薬に対するアレルギー反応が原因の場合は、その薬剤の使用をやめる必要があります。コンタクトなどを使用しなければ、仕事への復帰は問題ないでしょう。ただ、眼を休めながら作業する必要があることは、角膜炎の完治前後で変わりありません。

気丘さん

どうもご丁寧な返信ありがとうございました。

主治医の方からは、完治までの期間は個人差がでると、いう診察を受け、さらになかなか目の曇りがとれないので、で少し心配になり書き込みをしてしまいました。

完治まで2〜3月くらいかかるという話も聞いたんですが、心配しすぎでしょうか?

目のことなので少しナーバスになり過ぎてるかとも思うんですか、コメントを頂けると助かります。
よろしくお願いします。

広島の開業医 先生

いち内科医の先生が書き込みされておられるように、角膜炎の原因や種類は様々です。当然、種類によって予後も治療も症状も異なります。

予後から分類すると大きく分けて3つです

1.あっさりと数日以内に治癒するもの
一時的なドライアイや紫外線、物理的な刺激で生じる点状表層角膜症や電気性眼炎、軽度の角膜びらんなど

2.すぐ治るけど、再発しやすいもの
糸状角膜炎のように角膜上皮の力が弱くすぐ再発するものや、コンタクトトラブルやドライアイや結膜炎などの原因疾患があるせいで発症と治癒を一日単位で繰り返すものが含まれます。

3.なかなか治らないもの、後遺症残す可能性あり
角膜に対する感染症(細菌、ウイルス、真菌)やアルカリ液などの化学物質による炎症など

お話では2週間以上症状が持続されていらっしゃるとのことですので、2か3にあてはまるのかもしれません。
いち内科医の先生と意見が異なるのは、角膜の上皮より深部で炎症が起きている場合は、必ず治るとも断言できないことです。
いずれにせよ、角膜炎という病名だけではコメントしにくいので、症状の経過と現在の治療薬などを教えてください。

広島の開業医 先生

仕事を休まれておられるようですが、
眩しい、ぼやける、痛みのせいで休まざるを得ないのか、
流行性角結膜炎のように、感染予防のために休養を指示されたのか、どちらでしょうか

気丘さん

ご丁寧な返信ありがとうございます。

症状の経過としましては、コンタクトを使っていたんですが、目が充血し、目を開けられないほどの痛みが起こりました。
すぐに眼科にかかり、サンテゾーン、クラビット、ヒアレインという3種類の点眼液を処方していただきました。
現在2週間と少しほど経ち、痛みと充血は引いたのですが、左目が曇ったように見え、メガネをかけて視力検査をしても一番上のマークがギリギリ見えるような状態です。

このような症状はどれくらいで治るのか心配しております。

またお返事を頂けると助かります。
よろしくお願いします。

気丘さん

最初は感染予防のために休養を指示れたのですが、今は左目がぼやけて見えるため休んでおります。

広島の開業医 先生

まず、文章から得た情報と経験からの推測に過ぎないことをお断りしますが・・そのうえで参考にして下さい。

角膜の混濁はないでしょうか。
コンタクトの長期間装用や連続装用、洗浄の不徹底などはありませんでしたでしょうか。

コンタクトレンズの無理な装用から生じた細菌性角膜炎の可能性が高いと思います。
角膜上皮がコンタクトとの接触やドライアイなどでまず剥がれた状態になり、その部位に細菌が感染して角膜炎を生じたということになります。

この疾患は、角膜の上皮の障害と、角膜の上皮より深部の障害の二つを生じるやっかいな病態です。前者は充血、眼痛、視力障害、後者は視力障害と霧視、まぶしいといった症状がつきものです。

細菌の増殖を抑えて角膜上皮が再生した状態になれば痛みや充血はほぼ消失します。抗生剤の点眼クラビットを用いたのは細菌の増殖を抑える為です。(ここまで治癒するまで要する期間は細菌の種類と上皮欠損部位の大きさによって異なります。つまり人により様々です)
新しい上皮が再生してくるまで時間がかかれば、長期間であるほど細菌に対するアレルギー反応と角膜のむくみが生じ、角膜が強くにごってきます。サンテゾーン点眼はアレルギー反応を抑えるため、ヒアレイン点眼は上皮再生を促すため用います。
この角膜のにごりは角膜の上皮よりも深部で生じるので上皮が再生して痛みが無くなった後でも残ります。角膜のにごりは視力低下と霧視の原因となります。
角膜のむくみは、角膜の上皮が再生して(つまり痛みと充血がとれて)2,3日以内にとれますので、その分の角膜の濁りに相当する視力は少し回復するでしょう。
上皮が再生し、むくみがとれても視力低下が残っているのなら、アレルギー反応で生じた角膜のにごりが残っていることになります。この混濁は角膜表層切除や角膜移植などしない限り一生とれないことも多いです。

簡単に言うと、痛みや充血がとれてしばらく経過しているのに現在も視力不良なら、角膜混濁を生じていると思います。
この混濁は完治は難しく後遺障害として残る可能性も考えなくてはいけないと思います。ただ、角膜のにごりは小さいけど角膜の中央にあるのなら、病状は強くても病態は軽い可能性がありますので、多少の変化の余地がまだあるでしょう。

心配されていらっしゃる状況であまり良くない情報だったかもしれませんが、あなたの状態と安直な僕の推測がかけはなれていることをお祈りいたします。

仮にかけはなれていたとしても、コンタクトレンズの安易な購入と無理な装用をする方へのアドバイスとなればと思います。コンタクト・トラブルで後悔される方をちょっとでも少なくするためにも・・・・

気丘さん

返信どうもありがとうございます。

やはりコンタクトの使用が原因だったように思えます。
通院してる医師に相談しながら、今後も治療していこうと思います。

少し、病状の話しとはそれるんですが、現在、派遣の仕事をしており、もし、まだしばらく目の状態が治らないようであれば一度、退社して治療に専念しようかとも考えているんですが、ちなみに角膜炎で退社というのは有り得ない話しなのでしょうか?

また、コメントをいただければ助かります。
よろしくお願いします。

広島の開業医 先生

現在の視力のせいでお仕事に不便があるかどうかではなく、
現在の視力でも仕事の遂行が可能かどうかで決めて下さい。

治療に専念するためとおっしゃっていますが、
現在、充血や痛みがなくなった状態なら、おそらく急性期の治療は終えていますので、現状で頻回に受診されたとしてもそれだけ回復が早くなるわけではありません。

業務の内容が視力や色彩感覚を必要としているのなら、
(例えば車の2種免許が必要な業種や、距離感をつかめないと危険な業種など)
やはり長期の休職あるいは退職が必要な場合があります。
健康保険組合に連絡して、傷病手当金支給申請の準備にかかり、主治医の先生に意見書をお願いしてください。

業務の内容がもう片方の目の視力で遂行可能なら、
(例えば営業や一般事務職など)
安易にやめるべきでないと思います。先ほども書いたように、治療に専念するといっても週に一度程度の受診ですむかもしれません。

退職を覚悟される状態とは、相当なつらい状況だとお察し致します。ただ、自分を追い込んで余分なストレスで体調をくずされないように・・・
病気と向き合って克服する際に必要なのは、時に強固な意志であったり瞬発力であったりしますが、持久力も大切だと思います。

気丘さん

毎回、ご丁寧な返事を頂きまして誠にありがとうございました。

もう一度良く考えてみようと思います。

本当にどうもありがとうございました。
大変助かりました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。