閉塞性動脈硬化症と膀胱がん

person30代/男性 -

父が3年前に健康診断で脳梗塞の一歩手前といわれ、薬で治療しておりましたが、1年半前には、下肢閉塞性動脈硬化症と診断され、緊急入院しました。バイパス手術を勧められるほどの状態でしたが、手術を拒否し、投薬治療を続けておりました。ところが、今回は、5月半ば頃、膀胱がんと診断され、レーザーでの除去手術をしましたが、一部がとりきれませんでした。膀胱がんは、筋層にまで達していますが、浸潤はしていないそうで、組織学的にG2のようです。骨転移の検査はまだ結果待ちです。主治医は、膀胱の摘出手術を勧めていますが、動脈硬化が進行しており、心臓の状態もよくなく手術に耐えられるかがわかりません。また、父本人の意向は、手術は避け、投薬治療を続けたいそうですが、膀胱切除の手術をするべきか、または、投薬治療を続行すべきか、投薬治療を続行した場合、完治の可能性などを率直な意見をお聞かせいただきたく、質問させていただきました。よろしくお願いします。

person_outlineisoisoisoさん

1名の医師が回答しています

CL 先生

泌尿器科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師