Q

C型肝炎について

八年程前にC型肝炎と言われました、それから2年に�度位の割合で病院に行っていました、1月前に病院にいきました所もう治っているといわれました、治るなんてことはあるのですか?もともとC型肝炎は重いものではなかったと思いますが・・・

質問者:kazuyon さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

診断されて、即治療にならなかったのは、C型肝炎の抗体が陽性で肝機能の異常がないという状況だったのではないでしょうか。
「治っている」は、抗体の力価が低く、今回の検査では抗体が陽性になってなかったか、ウイルスそのものが検出されなかったのか。そのあたりの情報がカギになりそうです。
このパターンであれば、罹ったけど治った。検査の疑陽性。ウイルスはいるけど肝炎にはなっていない。というようなパターンのいずれかが考えられます。ウイルスのRNAを検査してみて、判断していく事になります。
ウイルスが検出された場合はいちばん最後のパターンになるのですが、どのようにマネージメントするのがベストかという事についてははっきりとした事はわかっていません。ただ、数年内に2-3割の可能性で肝炎として治療を要する方がおられるという日本人での報告もありますし、海外ではより積極的にインターフェロンを使っていく向き(メーカーの意向が大きく反映されてて、公平性にかける論文が多いですが)もありますね。

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

C型肝炎の治療を受けられたのか、どの検査で治ったと判断されたのか不明なのではっきりしたことは申し上げられませんが、治ったと判断されたのは、おそらくRNA定性試験が陰性でGOTやGPTが安定しているからだと思います。GOTやGPTが安定しているとC型肝炎は大部分は進行しないのです。
C型肝炎は慢性肝炎から肝硬変、肝癌と進行するため、C型肝炎ウイルスは発癌ウイルスと考えられているので、今後も定期的な検査は受けられたらと思います。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

C型肝炎の症状や経過の予測は困難です。急性C型肝炎は軽症で多くは症状もないが、肝機能は改善されたり変動したりといった変化を数カ月から数年にわたって周期的に繰り返します。また、C型肝炎の少なくとも75%が慢性化します。さらに、感染者の20%は肝硬変を発症し、肝硬変から肝臓癌へと進行しますが、慢性化しない例もあり、治ったというのもあながち偽りではないでしょう。今後も定期的に検査して再燃に注意してください。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。