軟口蓋裂

高校生の娘ですが、出生時ピエールロバン症候群により2才の時軟口蓋裂の手術を受け、7才まで定期的に言語治療にかよいました。今はほとんど不自由を感じずにまた、誰かに発音がおかしいとも言われずに育ちました。その後高校一年になるまで、何も問題がなかったのですが、音楽の時に管楽器が吹けなくて困り通っていた病院へいきました。その時にそこの教授(以前の教授はやめられていたので)にちょっと衝撃的なことを言われてしまいました。
実は口蓋裂の患者の中に皮膚がんになる人が多いとかで、娘はホクロが多いのですごく気にしてしまっています。まだ研究中なのであまり気にしないでといわれましたがどうなんでしょうか?

person_outlineマウスさん

1名の医師が回答しています

月のうさぎ 先生

皮膚科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師