Q

空腹時血糖について

はじめまして。
主人は毎年、健康診断を受けており、昨日も年に1回の健康診断を受けてきました。
昨年、空腹時血糖が高いと言う事で出来るだけ食事には気をつけてきました。しかし、仕事柄、深夜の帰宅で帰宅後にビールの晩酌をしながらの食事となります。
そのため、朝は抜きで1日2回の食事です。
今回、空腹時血糖が200を超えている(前回より30ぐらいあがったとの本人談)ということで検診の先生より専門病院へと言われたそうですが、本人は2週間後に結果がきたら病院に言ってくるといっています。
その間、食事等、気をつけることがあれば教えてください。宜しくお願いします。

質問者:マリン さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

空腹時血糖値からは、糖尿病という診断になります。

糖尿病の治療は食事療法、運動療法、患者本人への教育、そして多くの場合、薬物療法が行われます。糖尿病の人は血糖値を厳しくコントロールしていれば、合併症が起こりにくくなります。糖尿病治療の目標は、血糖値をできる限り正常範囲に維持することです。高血圧と高コレステロールの治療は糖尿病の合併症の治療にもなります。低用量のアスピリンを毎日服用することも役に立ちます。

糖尿病の人が自分の病気について学び、食事と運動が血糖値にどのように影響するかを理解し、合併症の予防法を知ることはとても有益です。糖尿病の研修を受けた看護師は、そうした情報を提供してくれます。

糖尿病の人は、医療関係者に糖尿病であることがわかるように、医療識別のブレスレットやタグを持ち歩くか身につけるべきです。特に大けがや危険な精神状態の際などには、医療専門家はこの情報を基に素早く救命処置を始められます。

食事管理はいずれのタイプの糖尿病の人にも非常に重要です。健康的な栄養バランスのとれた食事と健康的な体重を維持するように勧められます。栄養士に最適な食事プランを作成してもらうことも有益です。

1型糖尿病で健康的な体重を維持できる人は、大量のインスリンを必要とせずにすみます。2型糖尿病では健康的な体重を維持することで薬物療法の必要がなくなります。これらは、精密検査の後の話になりますね。

一般的に、糖尿病の人は甘いものを食べすぎてはいけません。また、食事と食事の間を長く空けないように、食事は規則的に摂取するようにします。糖尿病の人は血液中のコレステロール値が高くなる傾向があるので、食事の飽和脂肪酸量を制限することが大切です。血液中のコレステロール値を制御する薬も必要です。治療のためには、今までの食事スタイルの変更が必要です。

適度な運動も体重のコントロールに役立ち、血糖値を正常範囲に維持します。ご主人の治療はまず精密検査ですが、どうやらライフスタイルの修正にポイントがありそうですね。

マリンさん

早々の回答をありがとうございます。
まずは、私も含めて周囲よりも本人に自覚を求める事が大事な事なんだという事がよくわかりました。

今の段階で、食事と食事の間を長く空けないように工夫を考えて見ます。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

前回の血糖値より30あがって200以上ということは、前回の空腹血糖がすでに170以上あったということで、その時点で管理不十分の糖尿病の可能性が高かったということになります。

空腹時血糖200は、それが事実なら、前回のデータも含めてそれだけで糖尿病といえます。

食事で気をつけることは、基本的には食事を3回以上にわけること、そして食品のバランスをとること、糖尿病の管理がうまくゆくまでは禁酒されることでしょう。

お仕事が深夜帰宅ということなら、運動療法もままなら無いでしょう。お仕事の内容にもよりますが、日中の過ごし方はどのようになされているのでしょうか。

昼間の食事のとり方やその内容がポイントになるでしょう。まとめてドカ食いになると、最悪の食習慣ということになります。

糖尿病と診断されたら、可能なら教育入院をされて日常生活や食習慣についての考え方を指導していただかないと根本的な解決にはつながらない可能性がありそうです。

マリンさん

早々の回答をありがとうございます。

仕事のある日中は朝早くに出て昼過ぎに職場で昼食(お弁当)をとり、その間は以前は缶コーヒーだったそうですが、前回の検診以来はペットボトルのお茶を飲んでるそうです。仕事は販売関係です。
帰宅後に夕食となります。

やはり回答をいただいて読むと病院に本人が行って、きちんとした指導をしていただいた方がいい事がよくわかります。

カロリー的には成人男性でどのくらいのカロリーで考えていたらよろしいでしょうか?

hero2005 先生

必要量を計算するには、そのお方の身長、現在の体重、身長から計算される標準体重、生活強度(どれくらい身体を動かしているか)ということで決定されます。

さらに、現在の量からいきなり減らすことは、受診前ですと抵抗が強いでしょう。できるだけ早期に受診して、その、計算もしてもらいましょう。

受診前にできることは、一般的なたべすぎない、お酒を当分控えるということでしょうか。

マリンさん

重ね重ねの質問に答えていただき、ありがとうございます。

早めの受診をすすめてみます。

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

食前・食後を問わず血糖値が200mg/dl以上ならば糖尿病と診断できるのでご主人はバリバリの糖尿病です。治療は減量が原則です。食事は3回規則的に摂ることが理想ですが仕事の都合上どうしても無理な場合は、午後5時に夕食のカロリーの半分量を摂り、残りのカロリーの半分量を帰宅してからの夕食に摂るという方法しかないと思います。寝る前にたくさん食べるというのは論外です。ただ、上記の方法は、受診して検査を受けた後に主治医と相談してからにして下さい。
ちなみに、私が診ている糖尿病のタクシー運転手さんは10ヶ月で7kg減量したおかげで、空腹時血糖も220から96mg/dlとなり、糖尿病の薬を服用することなく現在も食事療法だけで通院しています。ご主人にも頑張るようお伝え下さい。

マリンさん

減量が最重視なんですね。
食事のとりかたも含め主人に話してみます。
早めの受診を促すとともに。

タクシーの運転手さんの話はとても励みになりました。
ありがとうございます。

小川 薫さん

空腹時の血糖値が200とは大変な事だと思います。即病院へ行き医者の指示に従うべき。奥さんと病院へ行き食事の指導を受ける事と運動、薬の服用が必要だと思います。
私も自分の日課として毎日の運動(早足で5Kは歩いております)食事も1600カロリー/日程度に制限しております。
薬も必ず食前の服用をしております。そうしても最近ヤット空腹時で100程度を維持出来る様になりました、3年間程掛かりましたが、このペースが当たり前の生活になりました、始め頃は大変でしたがなれると歩く事も楽しくなります、自分の事です頑張りましょう。

マリンさん

返信ありがとうございます。
今まだ検診病院からの結果は来ていずに、本人は相変わらずに「結果が来てから行く」といっています。

3年間で100程度に安定されているのですね。正しい生活のペースに慣らすことが大事なのですね。
治すのは本人ですが、食事や日々のサポートをしていきたいと思います。

しのりんさん

3回食が原則です。夜が遅く重い食事であれば朝起きて食事が食べれないのはあたり前だと思います。
専門医で栄養指導をしておりますが、この食事形式の方多いです。出きる限り患者さまの生活スタイルにあった指導を心がけますが2食はホントに血糖管理悪化される方が多いですよ。
専門医の先生の所で奥さまもご一緒に食事のお話しを聞かれる事をお勧めします。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。