Q

抗生剤の必須服用期間について

抗生剤の服用期間について、
一点お伺いしたいことがございます。

抗生剤を処方された際、
「菌をしっかり抑えるために処方分飲み切り」
「良くなったら中止して良い」
「熱が37.5度以上で使用、下がったら中止」
など、意見が異なることがあります。

症状などによって、抗生剤の服用期間は変わるものなのでしょうか?
それともお医者様お一人ずつによって、ご意見が違うものなのでしょうか?

お忙しい中恐れ入りますが、
ご返信いただけましたら幸いと存じます。

質問者:あきら さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

ウイルス性の感染症には抗生剤は不要との見方があります。しかし、実際にはかぜや扁桃炎でこられたかたにもウイルス性が考えられていても抗生剤をだすことはあります。かなりひどい場合、全部服用してもらうようにすすめますが、まれに処方しなくてもいいかな?という場合には、良くなったら中止してよいとか、熱が下がったら中止してよい、といった指示をだされているのではないでしょうか。

しかし、こういったあいまいな指示はよくありません。患者さんに病状の判断をまかせているからです。ですから、私はあらかじめ処方する日数で調整しています。軽いかたには少なめにだしてまた来てもらいます。ひどい場合には長めにだして再度来てもらうようにします。こうすることで、患者さんひとりひとりの判断にまかせることなく治療できます。

横浜の家庭医 先生
一般内科

横浜の家庭医 先生

毎年改定されるサンフォード感染症治療ガイド「熱病」という本があり、これにのっとって感染症治療については抗生剤の選択、抗生剤の使用期間を決定するのが世界のスタンダードです。
また、患者様それぞれの病態・抗生剤の反応などで、アレンジをすることはありえます。
抗生剤の服用期間は一般的には病気毎に異なります。例えば、膀胱炎であれば3日、細菌性の扁桃炎であれば10日、肺炎球菌による肺炎であれば解熱後3〜5日、といった具合です。

広島の開業医 先生
眼科

広島の開業医 先生

理想を言えば、しっかりと内服方法を指示し、内服完了後に再診していただいて効果を判定するのが一番です。

ただし、現代の社会で、再診をお願いしても患者さんの都合でそれができないことが多いのです。
その為、(重症例はもちろん別にして)症状を一番わかっている患者に判断をある程度お任せする部分がでてくる結果、様々な指示が生まれるのだと思います。

あきらさん

皆様(お一人ずつではなく、申し訳ありません)、
ご返信有難うございました。

やはり、症状等によって変わる、ということなのですね。

最近は、先生からは服用指示がなく、
薬局の薬剤師さんから「日数分飲み切って」
といわれることも多かったのですが、
これは、「処方日数=医師が必要としている服用期間」
という病院・薬局間の連携が取れているのか確認の上、
服用したいと思いました。

そこでもう一点疑問が生じたのですが、
病院の目の前にある薬局であれば、
抗生剤の使用に対しての医師との連携というのは、
取れているものなのでしょうか?

ここでお伺いすべきか迷ったのですが、
もし宜しければ、お教え願えたら、と思います。
宜しくお願い申し上げます。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

感染巣がどこにあるかということ、そして、それが感染予防投与なのか、原因となっている菌の種類、再発を繰り返してのものか、などなど、個々の症例によって、その使用目的によって異なるものと思われます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。