Q

妊娠中の尿たんぱくについて

現在妊娠7ヶ月(二人目)ですが、妊娠初期の頃から尿検査でずっと尿蛋白が+になっています。血圧は低く、むくみもない為、医師には必要であれば腎臓の検査をすると言われていますが、このままの状態が続くと、お腹の子や自分にどのような影響をもたらすのでしょうか? 元々腎臓が悪かった訳でもなく、一人目の妊娠時は尿検査で異常が出たこともなかったので、とても不安です。

質問者:ミィナ さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

妊娠中毒症は妊婦のおよそ5%にみられます。主な症状は血圧上昇とタンパク尿です。妊娠中毒症は普通、妊娠20週から産後1週間の間に発症します。原因は不明ですが、初産婦、多胎妊娠、前回の妊娠で妊娠中毒症があった人、もともと高血圧や血管の病気がある人、鎌状赤血球症の人によくみられます。妊婦の年齢が15歳以下または35歳以上の場合も妊娠中毒症になりやすい傾向があります。

妊娠中毒症に関連する重症疾患にHELLP症候群と呼ばれるものがあり、以下のような状態を伴います。

溶血(赤血球が壊れること)。
血液中の肝酵素値の上昇(肝機能の異常を示す徴候)。
血小板の減少(血液が固まりにくくなり、分娩中や分娩後に出血するリスクが高くなる)。
妊娠中毒症の200人に1人は血圧が非常に高くなってけいれん発作を起こします。この状態を子癇(しかん)といいます。子癇のうち4分の1は出産後2〜4日目に起こります。ただちに適切な処置をしなければ、子癇は生命にかかわります。

妊娠中毒症は、胎盤早期剥離(胎盤が通常より早い時期に子宮からはがれてしまうこと)の原因となります。妊娠中毒症の女性から生まれた新生児では、出生直後に問題が起こる可能性は通常と比べて4〜5倍高くなります。胎盤の機能不全や早産などが原因で、胎児が正常より小さい場合があります。

妊娠初期の軽度な妊娠中毒症は自宅のベッド上で安静にしていれば十分なこともありますが、医師の診察は頻繁に受けるようにします。妊娠中毒症が悪化した場合は入院が必要になります。ベッドで安静にし、胎児が成長し生まれても安全な段階になるまで注意深く経過を観察します。降圧薬が投与されることもあります。出産の数時間前には、けいれん発作のリスクを低下させるため硫酸マグネシウムを静脈投与する場合もあります。出産予定日近くに発症した場合は、普通、陣痛を誘発して出産に及びます。

重度の妊娠中毒症で、すぐに経腟分娩できるほどには子宮頸部(子宮口)が開いていない場合は、帝王切開で出産することもあります。帝王切開は最も短時間で済む出産方法で、出産時間が短ければ母子に合併症が生じるリスクが低くなるからです。血圧が高い場合は、分娩前にヒドララジンやラベタロールなどの降圧薬を静脈投与することもあります。HELLP症候群の治療も重症妊娠中毒症とほぼ同様です。

妊娠中毒症や子癇を起こした人は出産後にけいれん発作を起こすリスクが高いため、出産後2〜4日間は注意深く経過を観察します。全身状態が良くなってきたら、自力で歩くことを勧められます。妊娠中毒症とその合併症の程度にもよりますが、出産後数日間は入院します。退院後は必要があれば降圧薬を服用し、出産後2〜3カ月は少なくとも2週間に1回、医師の診察を受けます。出産後6〜8週間は血圧の高い状態が続くこともあります。高血圧がそれ以上長く続く場合は、妊娠中毒症が原因ではない可能性があります。

こういった状態に注意して、腎臓のチェックと血圧に注意していってください。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

年齢が高くなるにつれて、そのリスクは高くなってゆきます。また、通常は、足のむくみ(浮腫)からおこり、蛋白尿、高血圧と「三症状」がそろってゆきます。これらの症状が、妊娠後に起こってきた場合に、いわゆる妊娠中毒症ということになります。

妊娠前から、血圧がたかければ、高血圧症合併妊娠ということになります。

妊娠中毒症の他の症状が見られず、蛋白尿のみが初診時から陽性であれば、正確には「妊娠中毒症ではなく」て、実際は「腎疾患(蛋白尿)合併妊娠」としての扱いが必要になります。蛋白尿が妊娠によって引き起こされたのではなくて、もともと腎疾患(蛋白尿)があったかたが、妊娠されたということになるわけです。

担当医の先生が「必要であれば腎臓の検査をする」とおっしゃったのは、妊娠によって悪化する可能性がある腎疾患かどうか、もしそうならば、母体の健康状態によっては、早期に分娩を終了させる判断をすることになるためです。母体の状況によっては、子宮内にいるより、体外にだして保育器の中で育てるほうが安全という場合もあります。

もちろん、蛋白尿(+)だけのときに、大げさな心配をすることはありません。このまま、蛋白尿の増加、血圧上昇、全身の浮腫などに進展しなければ、さほど、大して心配なことではありません。

今できることは、妊娠中毒症に準じて、安静にして、過食をせず、塩分を極力控えてということくらいでしょうか。繰り返しますが、油断大敵ではありますが、重症妊娠中毒症にともなういろいろな、過剰な心配をするあまり、パニックにならないでください。現状は、そんな深刻な状態ではありません。

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

妊娠中の尿蛋白陽性から妊娠中毒症を考えられていると思いますが、高血圧・浮腫が出現していなければ今すぐに何か起こるとは思いません。それよりはきちんと尿検査はされたのでしょうか?尿蛋白は何g/日出ているのでしょうか?尿沈渣は調べましたでしょうか?もし尿沈渣で炎症所見を疑うものがあれば腎炎の存在が疑われるので、出産後も尿検査は必要です。出産で入院して安静にしていたら尿蛋白が消失したから問題ないとは考えないで下さい。育児の負担で尿蛋白が再出現してしまいますから...。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。