Q

目がまわる

主人の事で質問させてください。
年齢は55歳、今まで、健康でどこと言う病気はありません。職業病なのか、片方の耳の奥に耳カスがたまって1年に1度くらい耳鼻科でとっていますが、耳鳴りはいつもだそうです。筋肉質の痩せ型で、普段血圧も年の割には低く、90から120くらいですが、最近時々目が回るといいます。気分が悪くなる程ではないのですが、そのとき血圧を測ると150から180くらいあってちょっと心配しています。先日病院に行きましたら薬をくれて、血圧も問題ないと言われましたが、そのままにしておいていいのでしょうか教えてください。よろしくお願い致します。

質問者:よしだ さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

「目がまわる」という言葉はあいまいで、失神する、頭がクラクラする、バランスを失う、ふわっと浮くような感じがする、脱力感などのさまざまな異常感覚を含んで使われています。このうち「回転性めまい」は、体または体の周囲が揺れていたり回転しているような特有の感覚を表すときに用います。

通常めまいを次のように分類します。(1)失神、または頭がクラクラして気が遠くなる感じがするもの、(2)バランスを失い不安定で、転倒しそうな感じがするもの、(3)回転性めまい、(4)これらが合わさったもの、(5)上記のいずれでもないタイプ。めまいは一時的なものと慢性のものがあり、慢性のめまいは高齢者に多くみられます。

診察に訪れる人の約5ー6%は、めまいによるものです。めまいはどの年齢でも起こりますが年をとるにしたがって増えていき、40歳以上の人の約4割が何かのときにめまいを経験します。

めまいは煩わしく活動に支障が出ることすらありますが、重大な病気が原因となっているものは全体の約5%に過ぎません。一般にそれぞれのめまいのタイプには特徴的な原因があります。たとえば失神や頭のふらつきは、急激な血圧の低下や、その他の病気によって脳への血流が不足するために起こります。このような症状が出る病気には冠動脈疾患、不整脈、心不全などがあります。不安障害や、呼吸が異常に速くなる(過換気)ときも、ふらつきが起こります。

バランスの喪失は視力障害、特にものが二重に見える複視があると起こります。これは、バランス感覚が視覚を手がかりに維持されているためです。ほかにバランスが失われる原因には、筋力が低下したために歩きにくくなる筋骨格系の障害、抗けいれん薬や鎮静薬などの薬の使用、回転性めまいの原因にもなる内耳の病気などがあります。回転性めまいの一般的な原因は乗り物酔い、良性発作性頭位変換性めまい、メニエール病などです。高齢者に特に多くみられる慢性のめまいは、複数の障害が原因です。

どの年齢であれ、難しい作業や危険な作業をしている最中にめまいが起きると大変な事態になりかねません。高齢者では、慢性のめまいは転倒や骨折の危険を増大させ、日常生活にも支障をもたらします。

めまいが持続したり、日常の行動に支障を来すようなら医師の診察を受けてください。

いち内科医 先生

めまいを治療する前に、めまいの性質と原因を判定しなくてはなりません。めまいを感じたときの状況を医師に詳しく話すことが大切です。めまいが起きたときに失神しなかったか、頭がクラクラしなかったか、バランスを失ったか、体や体の周囲の風景がグルグル回転したり揺れたりしなかったか(回転性めまい)、他にどんな症状があったかなどです。いつめまいが始まったか、どのくらい長く続いたか、めまいの引き金になったり和らいだりした行動があったか、頭痛、難聴、耳鳴り、視力障害、筋力低下、歩行困難など他の症状が起きたかなども医師に尋ねられるでしょう。このような詳しい情報は、めまいの性質を特定する手がかりになります。

バランス感覚の異常を調べるときは、最初は眼を開いて、次に眼を閉じて、じっと立っていられるか、そして真っすぐ歩くことができるかというテストを行います。また視力検査を行って眼の異常な動き(眼振)の有無をチェックします。バランス感覚と聴覚の両方に影響を及ぼす内耳障害の有無を調べるために、聴力検査も行います。

めまいの原因が血圧の急激な低下によるものかを判定するために、まず座った状態か横になった状態で血圧と脈拍を測定し、次に立った状態で測定します。心電図検査、心臓超音波検査(心エコー)、運動負荷試験を行って心機能を評価します。

さらに、頭部のCT検査やMRI検査、脊椎穿刺(腰椎穿刺)などによる診断も行われます。脳の血流不足が考えられる場合は、頭部の血管造影、磁気共鳴血管造影(MRA)、ドップラー超音波検査を行います。これらの検査により、脳の動脈が狭くなったりふさがったりしていないかが明らかになります。MRAは、カテーテルを動脈に挿しこむ血管造影検査よりも体への負担が少ない(非侵襲性)ため、一般にMRAと超音波の組み合わせがよく行われます。

これらの検査でも原因が特定できないときは、重大な病気が見つからなかったということで安心できます。何らかの原因が特定されたり疑われる場合は、その原因に合わせてさまざまな治療が行われます。たとえば服用中の薬が原因ならば、その薬の使用を中止したり用量を減らします。吐き気などの随伴症状を抑える薬や血圧低下を防ぐ薬を使用します。血栓の形成と脳梗塞を予防するためには、抗凝固薬を使用します。まれに、腫瘍(しゅよう)の摘出手術などが行われることもあります。良性発作性頭位変換性めまいは、診療室で行う頭の簡単な操作(エプリー法)で症状を軽減することができます。

D丸 先生
耳鼻咽喉科

D丸 先生

片方だけに耳垢がたまりやすこと、耳鳴りがするなど内耳性のめまいを疑います。年齢的による聴力低下が原因の耳鳴りや、湿疹などによる耳垢の増大なら心配ないのでしょうが・・・
めまい発作がするときは血圧が上がることはよくあります。また、急激な血圧上昇でもめまいが生じます。
血圧に問題ないのなら内耳性のめまい、末梢性のめまいの可能性がありますのでいずれにしても耳鼻咽喉科で検査を受けられると良いのでは・・・

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。