Q

副腎両側の摘出手術について

コルチゾール値が高く副腎両側もしくは片側の摘出になりそうですが、副作用は?又薬で抑えられないのですか?

質問者:悩める女 さん

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

疾患の名前や詳細が不明なのではっきりしたことは言えませんが、クッシング症候群と診断されたようですね。クッシング症候群はコルチゾールが高値のため引き起こされる病気の一群を指し、いくつかの原因があります。肺癌がコルチゾールを分泌するために起こることもあります。その場合は治療は抗癌剤投与ということになりますが、副腎摘出という治療が選択されている所を見ると肺癌ではなさそうですね。それですと治療は手術ということになります。手術は背部からメスをいれるので、術後に傷が引きつれて痛みが続くことがあります。それと両側を摘出した場合は、一生涯ステロイドを飲む必要があります。ただ服用量は少ないので、副作用で苦しむことは無いと思います。詳細は主治医に聞いてみて下さい。

悩める女さん

丁寧な回答ありがとうございました。両側のクッシング症候群でACTH非依存型というものだそうです。一年半前から副腎肥大を指摘されPET検査やMRI・CTなどを経てここまでたどり着いたのですがクッシング症候群の症状とは完全に逆(痩せている、低血圧 中心性肥満なし 満月顔なし)なので手術をためらってしまいます。手術しないで現状維持できないかとご相談した次第です。薬の副作用が少ないという回答に少しホッと致しました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

現在、手術が考えられる場合には、

1 手術以外の治療方法はないのか
2 手術の利点、欠点
3 手術後の見込み、今後の治療方針とその副作用

最低でもこれらについての説明が必要です。そういった説明もなしに手術になりそうな現状はおかしい、と考えてください。医師のいうなりになると、あとあと後悔します。きちんと書面で説明を受け、家族とも相談して決定してください。もちろん、説明しない医師にも大きな責任があります。手術は、こういった全てのことに納得したうえで受けるようにしましょう。

悩める女さん

ご回答ありがとうございました。医師からは手術以外で「良くなる事はない」両側のACTH非依存型クッシング症候群と言われましたが自分で色々調べてもクッシング症候群の症状とはことごとく逆(痩せている 低血圧 満月顔中心性肥満無し)なので手術しないで済む方法はないものかと悩んでご相談した次第です。両側摘出した場合の薬の副作用などで精神障害が起きるのがとても心配でしたので。
少し冷静に考えられそうです。ありがとうございます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。