Q

包茎手術後にまた癒着しました。(2歳の息子)

はじめまして。質問させてください。
9月の初め頃に2歳の息子のオムツに点々と血の跡がありましたので、泌尿器科を受診しました。かなりひどい包茎だったので、炎症を起こして血が出た、このままだと尿が出づらいので、肝臓に負担がかかると言われ、切ってもらいました。
毎日むいて洗い、薬を塗っていたのですが、2週間後くらいにまたオムツに血が付いていたので、受診したところ、また癒着していると言われ、剥かれました。血は、かさぶたがとれたのだろうと言われました。
ところが、また癒着してしまったようなのです。うまく表現できないのですが、きのこのような状態のくびれが見えるところまで剥けません。
先生が剥いたときははっきりくびれが見えたので、またくっついてしまったのだと思うのですが、私としては炎症などを起こさない限りはもう剥いてほしくないのです。
くびれまでは剥けるのですが、これでもまだ肝臓に負担がかかってしまうものなのでしょうか?
病院に行って聞くと、また剥かれてしまうので、嫌です。
これからどうしたらよいのでしょうか?真剣に悩んでいます。
どうぞよろしくお願いします。

質問者:hyshys さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

亀頭炎は亀頭(円すい形をした陰茎の先端)に起こる炎症です。包皮炎は包皮の炎症で、包皮の下に酵母菌や細菌による感染が生じたものです。亀頭と包皮の両方に炎症が発生する場合もあります(亀頭包皮炎)。炎症は痛み、かゆみ、赤み、腫れを引き起こし、悪化すると尿道が狭くなることもあります(尿道狭窄)。亀頭包皮炎にかかると、後で閉塞性乾燥性亀頭炎、包茎、嵌頓(かんとん)包茎、癌になる確率が高くなります。

包茎は、包皮がきつく亀頭を露出できない状態です。この状態は新生児や年少児では正常で、普通は治療しなくても思春期までに解消します。年長者の場合は、炎症が長期化したり、亀頭包皮炎が再発を繰り返すと包茎になります。包皮がめくれないので排尿や性行為の妨げになり、尿路感染症のリスクが高くなります。通常は環状切開で治療します。

嵌頓(かんとん)包茎では、めくった包皮を亀頭にかぶせることができません。これは、医師が診察で包皮をめくった後や、子供の陰茎を清潔にするために包皮をめくって戻すのを忘れたときに起こりやすい状態です。引っかかった包皮の周りで圧力が増し、亀頭が腫れます。圧力で陰茎への血流が妨げられるので、包皮を戻さないと陰茎組織が壊死するおそれがあります。環状切開あるいは包皮に切りこみを入れて締めつけを緩和します。

現在、尿道狭窄がなければ腎臓に負担がかかることはないでしょう。手術の必要性には疑問も残ります。皮を剥くのは感染を防ぐためでしょうか?いずれにしろ手術の繰り返しはあまりいいことではありません。きちんとした説明を受け、それを記録に残しておくことや、他の医師の意見を聞くことも重要でしょう。

hyshysさん

先生、ありがとうございました。
切った後に血が出たときはあわててしまい、病院に行ってしまったのですが、これからは今のままで、剥ける所までむいて洗い、清潔を保っていきたいです。
また剥くのはかわいそうなので。。。。
ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。