Q

胸線に腫瘍が…。

自覚はまったくないのですが、前縦隔内胸線に腫瘍が確認されました(PETとCT検診で発見)。基本的に悪性のものが多いらしく、切除の提案を受けています。部位が部位だけに手術による身体への負担も気になります。ほっておいてはいけないものでしょうか。もともと年一回の生活習慣予防検診レントゲンでは発見することが困難だったと思いますし…。現在、腫瘍は良性か悪性かは分かりません。大きさは約2cm×6cm程度との診断です。

質問者:うずまち さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

胸腺にできる良性腫瘍もありますが,頻度的には胸腺腫の可能性が高いです.胸腺腫は悪性疾患です.そのなかでも特に悪性度の高いものは胸腺癌として区別されていますが,胸腺癌は極めて稀です.

胸腺腫の浸潤性評価には、隣接臓器への浸潤の程度、播種の存在、およびリンパ節または遠隔転移の有無が含まれます。

治療法として、外科的切除は、胸腺腫が疑われる縦隔腫瘤ではもっとも望ましい治療法です。I期、II期のほとんどすべて、および一部のIII期では、全腫瘍の完全切除を行う胸線全摘術が可能です.IVa期以降では腫瘍を完全に切除できることはまれであり、化学療法や術後放射線治療などを併用していく必要があります。

診断を確定する方法として,経皮的穿刺生検、縦隔鏡、胸腔鏡補助下手術(VATS)などによる組織生検術があります.

選択肢としては,胸腺腫であると仮定すると,外科的切除が望ましいと考えます.

うずまちさん

ご丁寧なご回答に感謝申し上げます。
大病を患ったことが無く、麻酔に不安はありますが
切除に臨むことといたします。
ありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

まずは、腫瘍の性格を知り、周囲との位置関係などを調べる必要があります。そのうえで手術可能なのかどうか判断し、手術が可能ならば検討するといいでしょう。手術しない場合の予後、見込み、手術以外の治療方法、手術した場合の危険性、予後などについてじゅうぶんに説明を受けてから決定しましょう。ほっておくかどうかはある程度調べてからのほうがいいでしょう。

うずまちさん

ありがとうございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。