Q

ビィフィズス菌について

息子のことでご相談します。9歳になる息子は心臓疾患の為、抗凝固療法でワーファリンとアスピリンを毎日服用しています。禁止されているのはビタミンKを含む納豆です。最近ある本で乳酸菌飲料やヨーグルトに含まれるビィフィズス菌は腸でビタミンKを合成すると書いてあるのを読みました。いままで気にせず毎日ヨーグルトを食べさせていたのですがやはりよくないのでしょうか?病院での食事指導では特に乳酸菌やヨーグルトについては言われなかったのですが、ちょっと気になります。どうかよろしくお願いいたします。

質問者:あかね雲 さん

赤ひげ 先生
一般内科

赤ひげ 先生

親心ですね。よく勉強されていますね。私は循環器は特に専門というわけではありませんが、糖尿病や高脂血症、バセドウ病(心房細動を合併し、それが慢性化し持続すると血栓が できやすくなるので、時にワーファリン使用することあります)などを良くみますので、ワーファリンは時々循環器の先生の意見を聞きながら投与しています。

ご存知と思いますが、ワーファリン使用中はその効果を確認するためにPT-INRという検査をしながらワーファリンの量を調節します。

予想される投与量に比し、効果が少なかったり強く出すぎた時は食事的な要素がないか考えます。納豆はビタミンKが多く含まれ、これがワーファリンの効果を阻害しますから一般的には控えるようにいわれています。逆に効果が強く出る場合の中に抗生物質使用中というのがあります。これはある種の腸内細菌がビタミンkを合成しますが、抗生物質がそれを抑えるのでビタミンKが不足しワーファリンの効果が強く出すぎるというものです。
このように、ビタミンKは多すぎても少なすぎてもある程度影響があります。ただし、無数にある腸内細菌の数と経口摂取するビフィズス菌の量とを考えると現在のヨーグルト摂取は量にもよりますが、大きな影響はないと思います。
もし、心配であれば、ヨーグルト摂取を週2〜3回程度にしてみる方法もありますが、主治医の先生に、PT-INRの結果と現在のワーファリンの投与量とからみて何か食事的な問題の可能性はありませんかと聞かれてみられると良いと思います。特に問題ありませんよといわれれば、現在のヨーグルトの量はあえて減らさなくても良いと思います。

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

ワーファリンを服用されている方はビタミンKを含むものや産生するものは摂取困難なのは事実ですが、実際は納豆、しめじ、クロレラを禁止にする程度です。ビタミンKを含むものや産生するものすべての摂取を禁止することは生活の質もかなり犠牲になりますし、ワーファリンの効果も血液検査できっちり管理されて問題が起きることが少ないからです。ただ、ワーファリンは薬の相互作用により、効果が強くなったり弱くなったりするので主治医に説明を受けてください(ワーファリン手帳にも書いてあります)。ワーファリン手帳も主治医から貰って検査結果などを書いておくと便利だと思います。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

確かに、ワーファリンを使用している人に乳酸菌飲料やヨーグルトまでの制限はしないことがほとんどです。ワーファリンも腸にいたる途中で吸収されます。ビフィズス菌がビタミンKをつくる頃にはもう吸収されているでしょう。安心してください。また、ワーファリンを使用中はプロトロンビン時間という血液検査の項目で効き具合がチェックされているでしょう。心配いりませんよ。

あかね雲さん

丁寧でわかりやすい御回答ありがとうございました。
少し安心しました。これからは量をみながら与えていきたいと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。