Q

滲出性中耳炎

こんにちは。
2歳の幼児です。
去年、インフルエンザより鼻水が止まらず、A耳鼻科を受診しました。
急性中耳炎ということで内服治療をしてましたが先生に「もう、大丈夫でしょう。」と言われ通院を止めたのですがなかなか鼻水が止まりません。
そこでB病院に変えてみました。
滲出性中耳炎&副鼻腔炎の酷い段階だと診断され「急性中耳炎が中途半端に治るとこの状態になります」と言われ、即、切開でした。
鼻水は即、止まりましたが、高熱が出るとすぐ、中耳炎になり、2週間に1度は切開という状態が半年も続きました。
切開は癖になる?という噂を聞いたこともあります。
切開をされる先生とされない先生・・・・。
どちらが子供にとっていいのでしょうか?

質問者:マスカット さん

はるか (^-^) 先生
小児内科

はるか (^-^) 先生

■まず、乳幼児は耳管の構造の問題などの理由から、大人より中耳炎になることが多いです。(小学校入学頃から減ってきます)
■急性中耳炎は、軽いものであれば抗生物質の内服や痛み止めだけで治りますが、ひどくなると鼓膜切開する場合もあります。お子さんでは耳を痛がったり、痛みを訴えられない子では始終耳に手をやったりします。ちなみに自然に鼓膜に穴があくと耳漏(みみから膿がでる)がでて痛みがなくなります。
■滲出性中耳炎は、痛みはありませんが、難聴や耳が詰まった感じになります(耳の中に水がたまった状態。プールなどで経験するような感じ)。鼓膜切開や鼓膜チュービング(何度も繰り返す場合、鼓膜に小さなチューブを入れて、換気する方法。聴力への影響は無い)などを行います。
■鼓膜切開、穿刺は、非常に小さな穴をあけて、中耳(鼓膜の奥)の膿を出す方法で、この穴は自然に閉じてしまいますので聴力への影響はありません。
■鼓膜切開が癖になる、というより、お子さんでは繰り返す場合が多いのでそう感じられるのかもしれません。滲出性中耳炎を放っておくと、後の難聴の原因になることもありますので早めに治療を受けられることをおすすめします。ちなみに切開の時はかなり痛い(経験者です^^;)のですが、最近はきちんと麻酔をしてくれる耳鼻科が多いようです。
■副鼻腔炎や扁桃肥大、上気道炎などがあると中耳炎になりやすいためきちんと治療されると良いと思います。
*耳鼻科の先生が見られていたら補足、訂正などお願いします(汗

D丸 先生
耳鼻咽喉科

D丸 先生

切開は非常にストレスがかかると思います。恐怖でしょう。
中耳炎は確かに繰り返すことが多いのでかかりつけ医を見つけるのは重要ですが、いきなり切開をされるときっとお子さんはトラウマになってしまうこともあります。薬でも経過をしっかり見れば治ります。子供にとって良いのは切開しないほうですが、治療的な立場では切開も状況によっては必要です。

マスカットさん

やっぱり、精神的によくないんですよね。
かかりつけのB病院はきちんと麻酔はしてくださるのですがやはり蓑虫のように縛られて、押さえつけられての切開です。先生の腕もいいようなのですが・・・・。
もう一度、病院を変えてみようかと考えてます。
ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。