Q

抗癌剤による骨髄抑制について(骨・肝臓への転移乳癌)

現在抗癌剤(タキソールweekly)による治療を実施しているのですが2クールが終了したあたりから血小板の減少がひどく治療を継続出来ない状況です。タキソールの薬量も60mg×3weekと漸減させたのですが血小板の減少は止まりませんでした。現在は20,000前後を推移。
白血球も抗癌剤投与後は頻繁に2000を切り貧血も続いております。血小板の問題以外はG-CSFと赤血球輸血で何とか切り抜けている次第です。
ちなみに薬療を60mgにした効果は腫瘍マーカー、CT画像から判断してありませんでした。
どなたかこのような場合の治療アドバイスをいただけないでしょうか?このまま放置するつもりはまったくありません。

質問者:tonton さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

タキソールなどの抗癌剤での骨髄抑制は深刻です.骨髄抑制には個人差があるので,抗癌剤の量を多少減量したところで解決しないこともしばしばあります.

タキソテールが効いている(効く可能性が期待できる)と判断すれば,weeklyをbiweekly(1週とばしで)で行う,あるいは,タキソールの量をもっと少なくするなどのことを考えざるを得ないのではないでしょうか.

あるいは,同じ系統のタキソテールをweeklyで用いるなどの代替手段を考えていく必要があると思います.

tontonさん

早速のご回答ありがとうございます。確かに主治医からもbiweeklyの提案を頂いております。エビデンスとまではいかなくても効果・副作用の実例などはございますでしょうか?
もっとも、個人差があることは重々承知していますが現状から一歩でも前進するための希望が欲しいんです。
それと、先生でしたら血小板対策をどのように進めるのでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

和歌山の医師 一般内科 先生

本来は,weekly投与の方が,効果の点では有利です.タキソールではweeklyとbiweeklyの効果,副作用は同等である報告があったように思います.

ところで,今問題になっているのは,効果というよりは副作用の血小板数低下です.血小板を増やす薬があれば一番いいのですが,ありませんので,自然回復を待つ以外に方法はないと思います.

血小板対策ですが,weeklyで現在の投与量を少なくする,現在の投与量でbiweeklyにする,2週投与,2週休薬にするなどのことを考えますが,エビデンスはありませんので,どれが良いかということは言えません.

tontonさん

毎回ありがとうございます。
今は体力の回復を待って次ぎの手を打っていきます。
タキソールbiweeklyも選択肢に入れます。

和歌山の医師 一般内科 先生

どの程度,お役に立てる助言ができるか分かりませんが,気になることがあれば,言って下さい.できるだけ,お役に立てるよう努力します.

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。