Q

診断書について

お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願いします。

義父が食道癌で今年2月から入院しています。
食道の手術は無事済み、その後腸閉塞に3度もなってしまい現在もまだ改善していません。
良くなる目処もまだ全くたっていない状況です。
長期間の入院生活で費用の面が心配なところですが、幸い義父は癌保険に加入していたため今まで事足りていました。
私自身は一度も見ていないため詳しくはわかりませんが、保険会社に今月提出した(定期的に提出しなければなりません)病院からいただいた診断書を見た保険の担当者から電話があり、今現在は腸閉塞の治療のため、また癌は転移していないのなら今月を最後に来月以降保険金は出せませんと言われました。
義父の加入している保険は入院期間に関係なく無制限で出るタイプです。
まだ転移していないと決まったわけではなく、癌の手術後最初の半年定期検診が終っていないため保険会社の判断もどうかと思うところですが、対応している義母があまりよく分かっていないので・・・。
食道の手術をしてから最初の腸閉塞になってもう半年近く経とうとしています。
今現在は食道癌の手術後をしたためからくる腸閉塞になっていると私たちは思っていますが、このような場合先生から診断書にそのような内容で書き加えていただけば大丈夫なのでしょうか。
最初に義父のほうで主治医の先生に診断書をお願いする際、癌保険(ただの保険とだけ言ったようです)のため必要だということを先に言っていなかったせいもあるのかわかりませんが。
まだまだ入院生活も長引きそうな気配の中、保険金が下りないとなればとても金銭的に治療を続けるのが苦しくなりそうです。

診断書の内容について患者側の都合を考慮した上で配慮していただくことは可能なのでしょうか?

また、義母が今まで数回いただいた診断書のコピーを全てとらずに原本を保険会社に送ってしまったのですが、病院側へ今までの分をコピーでいただくとしたらその場合も通常通り1枚につき費用が発生するのでしょうか?

長々と書いてしまい申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

質問者:エミ さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

義父さんの場合ですが,食道癌手術と腸閉塞の原因の可能性はかなり高いと思います..

このようなケースはよく経験しますし,保険会社から医師の方へも問い合わせが来ます.

診断書のコピーについては,新たに作成するものではないので費用は発生しないはずです.

担当医が腸閉塞と癌の直接原因(癌の手術を含めて)をどのように考えているかが,最も重要ですが,まずは保険会社に関係があると患者側は考えていることを強く主張する必要があります.そうすると,医師の方に保険会社から問い合わせがきます.

あるいは,保険会社がどうしてもノーというのであれば,新たに何も記載されていない保険会社の診断書用の書類をもらい,それを持って,医師に相談し,医師が癌との関係を考えているのならば,腸閉塞を食道癌術後癒着性腸閉塞というような内容の診断書にしてもらえば,おそらく解決できるのではないでしょうか.

まずは,保険会社と掛け合って下さい.

保険会社も道理が通っていれば,問題なく支払います.ただ,腸閉塞のみの病名では食道の手術に関係なく生じる可能性も十分あり得るので,原因が特定できていないということで,却下されているのだと思います.

エミさん

ご丁寧に教えていただき本当に感謝しております。
とても参考になりました。
義母に確認したところ、過去にいただいた診断書と少し様式がかわっていたようで今回食道癌という文言が無かったように思うと言っています。(今まではあったそうです)
先生から教えていただいた「食道癌術後癒着性腸閉塞」ということは最初の腸閉塞になってから何度も主治医の先生から聞いている言葉なのですが、それがなぜ今回の診断書には記入されていなかったのか疑問です。
病院とは遠く離れた所に住んでいる私には直接会って先生に確認することができませんが、電話で直接確認してみることにしました。
本当にご親切にありがとうございました。

しょっつるさん

相談室のようなものがあればそちらへ、なければ通っている科の看護士さんの代表者的な方に声をかけてみるようにと、離れて住む母には言ってます。お医者さんに何か質問するという事自体、昭和10年代生まれの母にはかなり勇気がいることらしく、いまさらその部分で無理をさせることもないと思い、かといって私がたびたび出向く事もできませんので、、、。無理をして病院で頑張ってお医者さんに訊かなくてもいいんだ、となったらリラックスして通院するようになり、結果的にお医者さんや看護士さんたちとの関係も良好に保ててます。

エミさん

お返事ありがとうございます。
私もしょっつるさんと全く同じで、病院で分からないことがあれば受け持ちのナースの方へなんでも聞くように、また聞きづらいのであれば病院内の個別相談できる窓口にいうようにと話していますが、やはり昭和10年代のお年ということも同じように義父本人と二人揃って先生には何でもおまかせ状態で、本人たちは病気のことすら何も把握していないのです...。
結果今回のように何かあれば自由に動ける私に今回のように相談がくることがしばしばです。
ただやはり遠方のためそうそう頻繁に行けるわけもなく、それ故にちゃんと力になってあげられないのが歯がゆいのです。
癌の中でも食道癌は非常に難しく、病院スタッフも専門の知識を持った方たちばかりです。
その点からすれば本当に安心していますが、ただ他の科のナースの方たちとは一種変わった雰囲気の方たちばかりなのです。言葉が悪いですが学はあるけど思いやりの看護ができる経験がない、もっと砕いて言えばほとんどみんな揃って横柄過ぎる態度です。(高飛車という言葉が当てはまるほどです)
こうした背景もあり義母も私も気後れしています。
けど、そんなことは義父のことを思えばなんて小さなことなんだろうと思いますし、毎日スタッフと顔をあわせる義父を思えば私たちが病院側とギクシャクしてしまってはいけないですもんね。この点は重々注意している点でもあります。
何はともあれお互い遠方で大変でしょうが頑張りましょう!

和歌山の医師 一般内科 先生

無事に解決することを期待しています.何かのお役にたてればと思います.

食道癌はある意味,特殊な癌です.手術も困難ですし,術後管理も大変です.看護士もぴりぴりしているのでしょう.

診断書のことなどは事務的なことですので,遠慮することなど必要ないと思います.

エミさん

ご親切に気にとめていただきありがとうございます。

がん保険について思ったことなのですが、がんを治す目的の治療に関しての保険という言葉が今頭の中でグルグルと回っています...。

約款は義父の手元にあったので、義母に合併症のことについて記載されていないかどうか確認してもらうことにしました。
コピーはいただけるということと、先生に教えていただいたように主治医の先生に相談しましたら先にいただいた診断書の内容で書き直すことで問題が解決するなら違法性がない範囲内でします、というお返事もいただきました。

お聞きしたいのですが、一度保険会社に出した診断書を書き直してもらい新たに提出するということはよくあることなのでしょうか?
もちろんそれで保険が下りるのであれば嬉しいですが、なんだか書き直せば認めてもらえるのかどうか不安です。

食道癌術後癒着性腸閉塞には今も違いはなくて前回同様診断書にもその旨記載しているそうなのですが、合併症という文言も今回は書かれているようなのです...。
(おそらくこの点が問題なのでしょうか)

術後の腸閉塞の治療を今しているわけですが、それでもこれはがんの治療の一環になるのでしょうか?
原因は食道癌の手術ですが、がんの治療そのものではないような気がします。
だから保険会社の担当者も「転移していないなら出せません」といったのかと昨日からずっと考えています。
原因と目的という2点から考えると約款に合併症の記載がなかったとしても大丈夫なのか不安で一杯です。

土日は保険会社のお休みなので明日以降に担当者に連絡する予定です。

膿外科 先生
整形外科

膿外科 先生

保険の契約しだいでしょう。保険の約款を見直してみてください。癌治療の合併症の治療を含めての保険でしたら何の問題もなく保険金は支払われるはずですが、癌そのものの治療に関してのみであれば、支払われない可能性があります。

エミさん

早々のお返事をありがとうございました。
もう一度詳しく調べてみようと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。