Q

整形外科医の先生方へお尋ねします。

以前投稿した者です。(回答がないので、再投稿します)
昨年9月に足首関節の「ねずみ」の除去手術をしたのですが、手術前には全くなかった足の指の麻痺・痺れ(親指の半分と人差し指の半分)まで起こり、術後1年以上経過した今 も時々疼き、とても苦痛です。
趣味や運動も無理しない程度に始めてますが、動いている時には、ほとんど痛む事がありません。
じっとしている時に疼くことが多く、動いた瞬間に痛むこともあり、とても苦痛です。精神的に休まる暇がありません。
以前こちらの先生方に意見をいただきましたが、
「癒着」だと治らないと仰っていましたが、もう諦めた方がよいのでしょうか。
それと、わたしは今、うつ病に罹り、仕事ができなくなってしまい、この度生活保護を受けることになりましたが、
この足だけは、医療費の掛からない今、他の病院で再診察をしてもらうつもりでいるのですが・・・
ちなみに、症状は、
*じっとしているときや、立ったままのときに痛む。
*動いた瞬間に痛みがあるときも稀にある。
*動き回っている時はほとんど痛みは感じない。
*痛み(疼き)がひどいときは、足首から下が全体的に赤黒く変色し、痛みが治まると同時に少しずつ元に戻る。
*親指の半分と人差し指?の半分は、常に痺れ(麻痺)状態で、足首の痛みがひどいときには、それも同時に悪化する。
*指自体も痛みがあるときもある。
*運動したからといっても、なんら変化や悪化はない。
再手術y入院の場合も医療費は掛からないのでしょうか。
もとの病院でないといけないということはないですよね。
あそこにはもう、二度と行きたくありませんので!

質問者:てぃてぃ さん

膿外科 先生
整形外科

膿外科 先生

現在あるいはそれらの症状が出てからどこかで診てもらったのでしょうか。また、そのときの診断では納得がいかないということなのでしょうか。

動作で症状が増強することはなくかえって動いているときのほうが症状がない、ことを考えると、関節や筋肉、腱等の問題はほとんどないように思われます。慢性疼痛症候群のような感じもしますが、症状のないときもあるようなので違うかもしれません。原因は特定できないかもしれません。

もとの病院に二度といきたくない理由はわかりませんが、医療保護では特に医療機関を指定されないと思いますので、どこの医療機関を受診しても自己負担はないと思います(決して医療費がかからないのではありません。自己負担がないだけで医療費はしっかりかかっています)。くわしくは福祉の担当者にきいてみて下さい。

てぃてぃさん

もう、その医院の行きたくない理由は、主治医が手術前になかった、足に指の痺れ(麻痺)を、腰椎の異常ときめつけ、手術のせいにしたがらなく、結局腰椎のMRIまで、撮らされました。もちろん腰椎には何の異常もなく、その後の治療の歳にも術後の悪化を認めてくれないのです。
痛みのない日は、術後1年以上経った現在でも、一度もありません。
じっとしているときに痛む(疼く)ちきが多く、休まるときがありません。
知り合いに良い病院を紹介していただいたので、自己負担はないということであれば、そこに早速診察に行って
みるつもりです。
あと「慢性疼痛症候群」というものは、きちんと完治するものなのでしょうか?あと、わたしは現在「うつ病」にかかり、そのあたりも何らかの影響があるのでしょうか。
あと、痛みがひどいときに、足首から下が赤黒く変色し、とても苦痛で、痛みがひいていくにつれてそれもじょじょに指の先のほうから、普通の状態に戻っていきます。
ちなみに、この足のせいで、「うつ病」に罹り、職を失いました。早く、この苦痛から逃れたい一心です。

てぃてぃさん

今回のご回答、まことにありがとうございます。
ちなみに手術をしたのは、総合病院の整形外科です。
術後も何度も通院しましたが「運動不足」のひとことで片付けられました。運動は、仕事でも身体をつかい、歩き回ることや、踏ん張ることも多いですし、趣味で野球もやっていて、決して運動不足などではありません。
とにかく、そこの病院は、ちまたでも「ヤブ医者」といわれているようなところなので・・・もう二度と行くことはないでしょう。なんせ、今回の件でも「誠意」というものが全く感じられませんでしたので!

waterfall 先生

痛みがひどいと足部が赤黒いようですが、痛くない時は正常色ですか?変色している時は健側よりも冷たいでしょうか? 反射性交感神経性ジストロフィーの可能性も否定できません。神経の損傷がなくても、外傷後に起こることがあります。あなたの症状がこれなのかどうかは診断できませんが、手術で神経損傷などの合併症がなかったとしても起こすことはあります。
もしもこの疾患ですと(神経損傷があろうと無かろうと)確実な治療法が無く、消炎鎮痛剤や向精神薬、ブロックなどを行って地道に気長に(言葉が悪くてすみません)治療していくことになります。 また、関節鼠があったという事ですが、関節軟骨障害はないのでしょうか?高齢の方が膝が痛いとかいうアレです。これは足関節などどこにでも起こりうるもので、とくに荷重関節に多くみられます。動き始めが痛くて、動き出すと楽になり、動きすぎると痛くなることが多いです。
術直後から痛みや痺れがあり、今の症状もそれと変わらないのであれば、軟骨障害では無いように思いますが。セカンドオピニオンを聞かれた方がよろしいかと。

てぃてぃさん

waterfallさま、ご回答ありがとうございます。
痛くない時は正常色です。痛みがひくにつれて、指のほうから徐々に色が戻っていきます。冷たいかどうかはわかりませんが、とにかくじっとしている時、とくに、じっと立ったままのときに痛むことが多いです。それに、一日痛みが全く出ない日はこの1年間1度もありません。切開した場所より指側のほうをさわると、痺れた指に、電気が走ったように響きます。指の痺れはひどくなる(ひどいときは疼いてもがくくらい)ことはあっても、ひくことは今まで一時もありません。精神的にものすごく苦痛です。軟骨障害のほうは、自己判断では治っていると思います。動き始めの痛みは術後からまったくありませんから。スポーツもやっていますが、運動後に痛みが出ることもありません。

膿外科 先生

これまでかかっていた整形外科のてぃてぃさんへの対応は問題ですね。不信感を抱いたままではよくなるものもよくなりませんので医療機関を替えるのも悪くないですね。

慢性疼痛症候群はA190先生が書いてますがCRPSのことのつもりです。

てぃてぃさん

もちろん、以前通っていた医院には、不信感しかありませんので、他の知り合いから紹介していたいた、評判の良い整形外科に行くつのりでいます。

膿外科さま、この度のご回答、まことに有難うございました。

A190 先生
整形外科

A190 先生

RSDあるいはCRPSと呼ばれる状態になっている可能性はあると思いますが、大元は深ひ骨神経損傷のような感じがします。神経損傷が本当にあるのであれば、手術的治療の方法もあります。以前にいた病院で、似たようなケースを経験したことがあります。私なら(患者さんの同意が得られればですが)、手術を勧めます。直接診察しておらず、勘違いしている部分もあるかと思いますので、私の意見は参考程度にお考え下さい。

てぃてぃさん

この度のご回答、誠に有難うございます。
今現在、うつ病の関係で仕事が出来ないうちに、知り合いから勧めれれた整形外科に行って相談してみようと思っています。
とにかくこの苦痛から逃れられたいです。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。