Q

併用の意図は?

以前から高血圧でタナトリルという薬を飲んでいて
最近、ミカルディスというのが増えました。同じような作用の仕方だと言われたんですが、大丈夫でしょうか?知り合いが言うには、どうして併用するんだろう?タナトリルはい らないんじゃないのか?と言っていました。
もし、何か特別な狙いがあるのなら是非教えてください。
ご返答、よろしくお願いします。

質問者:don_vol9 さん

ももさん

保険薬局薬剤師のももです。

タナトリルとミカルディスの併用についてですね。
この2種は似ているようですが、作用は全く違います。
併用するのか変更にするのかは主治医の経験や判断からですので、その当たりは医師の先生がたのお返事を待つとして・・・私のほうからは薬の作用についてだけ申し上げましょう。

人間の体の中では、血圧をあげる成分と下げる成分があって、それらが上手い具合にバランスをとって正常血圧が保たれています。
ところが、高血圧の人はこの血圧を上げる成分の量が下げる成分よりも上回ってしまっていることによって血圧が上昇しているケースがあり、これによく用いられるのがタナトリルの分類のものでACE阻害薬というものです。
これは、血圧を上げる成分が体内で生成されるのを抑える働きをします。

ところが、いくら生成を抑えても、ある程度は生成されます。その生成された「血圧上昇成分」が臓器に分布するチャンネルにひっつくとまた血圧が上昇するのです。
そこで、その「血圧上昇成分」がチャンネルに引っ付かないようにするのが、ミカルディスでA�拮抗薬と呼ばれる分類のものです。

したがって併用することはあり得ますし、私もそのような処方を見ることは沢山あります。

また、高血圧のタイプは沢山あります。いったいどのタイプの高血圧なのか、数値はどのくらいか、年齢、合併症の有無などでも、医師の処方の判断は違ってきますので、他人からの意見で勝手な判断をするのは危険ですよ。

hesuku internal medicine 先生
腎臓内科

hesuku internal medicine 先生

タナトリルはアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)、ミカルディスはアンジオテンシン受容体遮断薬(ARB)で作用は似てはいますが、降圧以外の作用が異なります。大まかに言いますとタナトリルは心肥大の抑制を、ミカルディスは高血圧患者の脳卒中や糖尿病新規発症予防を目的として使用されます。おそらく主治医はそれぞれの降圧以外の作用を考えて併用したのだと思います。聞いてみてください。ACEIとARBを併用すると臓器保護作用が強まるのはしられていましたが、尿蛋白が減少するという報告もランセットという有名な医学雑誌に掲載されました。

don_vol9さん

返事が遅くなり、すみません。
お二方ともにありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。