Q

骨髄移植

義理の妹40歳の事でご相談します。現在。急性前白血病と診断され既に数回発病に
なり入院中です。普段付き合いのまったく無かったのですが骨髄移植が必要になった
と連絡があり血液検査の結果、私の主人(兄)が型が合いました。ドナーになってく
れとの話になりました。現在入院中の病院では移植はできず、去年の秋に説明を聞き
に行ったところ移植は○○大学付属病院ですると言う話ですが家からは遠いので近く
にガンセンターあるのでそこで採取をしたいと主人が言ったら問題ないとの事と、病
気も軽度の方で年内の移植は無いし、優先順位は低いほうなので○○大学付属病院の
空きとスケジュール次第との説明だったそうです。それから連絡が無かったのです
が、今年5月に再入院(去年から一度退院していたらしい)移植が必要との話になり
ましたが、本人(義理の妹)夫婦が○○大学付属病院へ説明を聞きに言ってきたら、
採取も○○大学付属病院でなければ移植はできない、他所で採取した骨髄を運べない
と言われたとの事。
いろいろな意味で不信がつのり、妹さんのご主人がセカンドオピニオンをしてみよう
と現在の病院に相談したら逆切れされ診断書もカルテも出せないと 言われ、
セカンドオピニオンするなら診療方針を変えないといけなくなる(セカンド
オピニオンと診療方針は無関係と思うが)と言われ、入院中でもあるため怖くなって
帰ってきたとの事です。セカンドオピニオンを諦めないといけないのか?。
採取も移植病院で行 わないといけないのか?。
主人もサラリーマンで会社も何日も休めませんし、採取後に
自宅に戻る時も遠いと大変そうなので心配です。現在は妹さんの体力が移植の準備に
耐えられない状態になり、8月予定の移植が延期されました。話が聞くたびに変わ
り、妹さんの状態も悪いようなのです。医者の言うままにまかせるしか方法が無いの
かお答えいただけたらと思い書き込みさせていただきました。
ドナーの件も、付き合いもまったく無かったので、保険も利かないなどいろいろ
不安点を妹さんに主人が聞いたら、「そんなうるさいことを言うなら骨髄バンクがある
から頼まない」と1度は向こうから断られ、その後適合するのが主人しかいないこと
になった経緯がありますが、医師には身内では断る事は出来ないと言われています。

質問者:花山実 さん

芋ようかん 先生
血液内科

芋ようかん 先生

とにもかくにもセカンドオピニオンを認めないのなら主治医を変わった方がいいと思います。血縁であってもドナーを断ることはめずらしくありません。決して強要されるものではありませんので、十分に納得されてからでよろしいかと思います。

花山実さん

回答ありがとうございました。
確認なのですが、骨髄採取は、移植病院以外では認めないのが普通なのでしょうか? 骨髄バンクなどの場合、日本中のどこにドナーなる人がいるかわからないし、ドナーになる人は移植病院まで足を運んでいるのですか? 病院のデータを見ると、採取数と移植数は同じになっていないようなのですが...

芋ようかん 先生

骨髄採取にかかった費用は原則患者さんへの請求となります。
別の病院で採取をした場合にはその請求が別の病院となるので事務的に煩雑になるのです。骨髄採取のみでは請求できないのです。移植とペアーになって初めて保険請求が可能となります。そういう事情で施設によってはお断りしていることと思います。バンクの場合も同様に医療費の請求は煩雑になっています。ただこちらは制度として受け入れ可能な施設のみが登録してますので問題とはなりません。ただ骨髄は原則医師が運ぶことになりますので採取した骨髄をどちらかの医療スタッフが運ばなくてはなりません。また採取した骨髄をできるだけ早く輸注したいという観点からは可能であれば自分の施設で採取をしたいという考えもあります。

花山実さん

移植に関する内部事情がわかりました。ありがとうございました。
身内でもドナーになる場合、いろいろな場合があるので当事者同士ではなく
骨髄バンクのようにコーディネータが付いてくれるようになると安心できると
思います。
患者の命にかかわると言う事で、ドナーのリスクを軽微に考え大切にしない
やり方をしていれば臓器移植が進まない様な医療不信につながっていくことを
医療従事者は考えて欲しいと思いました。

芋ようかん 先生

骨髄バンクでのデータでは生命の危険までに至る合併症はありませんが、採取に関しては様々な合併症を併発する可能性はゼロではありません。
バンクに関してもドナーのご家族の方の意見で最終的にお断りなられるケースも珍しくはありません。またバンクでは採取病院を希望することはできます。(必ずしも第一志望とはいきませんが)
ドナーになられるとしても十分な説明と納得が必要であることはいうまでもありません。主治医の先生は患者さんが助かる方法といういうことで一生懸命になられていると思いますが、同じ病院でも別の先生にでもお話を聞く機会はありませんでしょうか?(部長先生とか)

花山実さん

リアルタイムに説明を頂き、いろいろ疑問に思っていた事がクリアになりました。今後の参考にしていきます。ありがとうございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。