Q

顔面神経麻痺の後遺症について

麻痺側は常にこわばり重苦しい状態が続いています。最近左右差がでてきて、特に麻痺側の顔輪筋が目立ち顔半分のふっくら感がなくなったことでとても悩んでいます。この先どうなっていくのか不安でなりません。何かいい方法があったら教えてください。どんな方法でも試してみたいのです。どうか、よろしくお願いいたします。

質問者:kmi さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

神経への弱い電気刺激や、顔面の筋肉のマッサージは、効果が証明されていません。6〜12カ月たっても顔面の動きが回復しない場合には、第12脳神経(舌下神経)と顔面神経をつなぐための、舌下神経‐顔面神経吻合術が行われます。この手術によって顔面の動きは部分的に回復しますが、食べたり話したりが困難になるため、めったに実施されません。

顔面の麻痺が部分的な場合は、治療の有無にかかわらず、ほとんどの人が1〜2カ月以内に完全に回復します。麻痺が顔全体に起きているときには、治療結果に差が出ます。完全に回復しない患者さんも多く、顔の筋力低下が残り、顔が垂れ下がってきます。

kmiさん

ありがとうございます。発症してから2年半たつので、私の症状は明らかに筋力低下によるものなのですね。麻痺は顔全体に残っています。吻合術は、今からでも受けられますか?成功率はどのくらいなのでしょう。手術よりも、筋肉のマッサージをして少しでも筋力低下を防ぐ努力をしたほうが賢明なのでしょうか。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。