Q

MRI検査(膝関節)での疑問

大学生・女性です。フェンシング歴8年です。
昨年1月と昨年10月に関節鏡視下で右膝半月板を手術しています。
1回目は内側縫合・外側一部切除し、2回目は外側一部切除し現在、半月板外側はほとんど残っていません。2ヶ月くらい前から右膝内側に痛みを感じ屈伸時には必ずといって良いほど「ポキッ」と音がし引っかかり感があり寝ていても痛みがあるため先日、病院に行きうまく撮影できませんでしたがMRI検査を行い半月板損傷や靭帯損傷などはなく「内側半月板がない」「タナ障害」と診断されました。その際に若年なのに軟骨がすり減っていると言われました。外側半月板がほとんどないことが大きな原因と言われましたが、自分としてはやや肥満型であり膝に負担がかかっているのが原因ではないかと思っています。診察医からは「このままではスポーツ制限も必要になるからタナの切除を勧める」と言われました。また、自分は女性なのにほぼ逆三角形の体型で太股が太く(66cm)、うまく説明できませんが、膝関節のMRI撮影時に使用するコイル(器具)?が使えず代用品を使ったのでうまく撮影ができませんでした。
そこで質問なのですが、太股が太い人は膝関節のMRI検査では良い画像が抽出できないことが多いのでしょうか?
ご返答の方、よろしくお願いします。

質問者:玲 さん

膿外科 先生
整形外科

膿外科 先生

本当にタナ障害なのでしょうか。
タナの部分のブロックで症状は軽減するのでしょうか。現在は以前と違ってタナ障害のでタナ切除を行うことはかなり少なくなっています。膝障害の原因を探るため関節鏡を行うことはいいとは思うのですが、不安であれば他の膝関節やスポーツ医学を得意とする整形外科医に見てもらうのもひとつの方法ではないかと思います。

なお、MRIで使用する表面コイルが、その病院では適当な大きさのものがなかっただけでしょう。柔道やラグビーの選手は結構体格がよろしいですが、特に不鮮明な画像になった印象はありませんね。

玲さん

お返事を頂きありがとうございます。
1回目と2回目の手術は同じ病院で行っていません。
自分としては苦手なタイプの整形外科医ではありましたが、諸事情から部専属医のところで1回目は手術しました。しかし、術後から激痛に襲われ手術翌日からは、リハビリのために松葉杖なしで歩くように言われ術後3日目で退院しパンパンに腫れていても心配ないとしか言われず
毎日、痛みと闘いながら生活していました。残念ながら術前より術後の方が調子が悪くたまに軽いロッキングを起こし常に足を引きずっていたこともあり親も心配になり別のスポーツ整形外科に行きました(術後4ヶ月目頃でした)。再度MRI検査等を行い「内側側副靭帯損傷・内外側半月板損傷(断裂)」と診断され年齢・スポーツ歴等から考えて再手術した方が良いと言われました。しかし、1回目の手術後のことがネックになり経過観察で様子をみていましたがあまりの痛さとロッキングを何度も起こすようになったため2回目の手術を行いました。今度は順調良く回復しスポーツ復帰できました。
2回目の手術を別病院で行ったことでコーチから酷く叱られ整形外科分野では専属医以外の診察は禁止となってしまったため今回は専属医のいる病院で検査しました。
本音は、診断に納得はしていません。2回目の手術の時は色々と相談に貰ったりして良かったので近いうちにそのスポーツ整形外科に行ってみます。
>MRIで使用する表面コイルが、その病院では適当な大きさのものがなかっただけでしょう。
部専属医がいる関係もあり、以前にその病院で同じ検査(1回目の手術前)をしています。今回の検査担当のスタッフの方はかなり若く(初めて見た方でした)セッティングにもかなりの時間がかかっていました。
大学病院と連携しているらしく読影結果にも「タナ障害」と書いていました。

ごんたさん

放射線技師でMRIを担当していますが、太いからよい画像が得られないというのはないと思います。まして女性ですから大丈夫と思うのですが、、、

玲さん

お返事を頂きありがとうございます。
実は、ここの病院で2度目のMRI検査で1回目は、「専用コイルが使用できなかったのではっきり写っていない」とメッセージがあったと担当医から言われたし、2回目は(今回)検査担当スタッフがセッティングにかなりの時間を要し太股が大きいためだと思いますが、何度もコイルを交換していました。今回も1回目と同様なことを言われました。うまく写っていない画像から今回の診断はなされたので正直なことを言うと、診断には納得がいっていません。なのでお金はかかりますが、別病院に行ってみようと思っています。(専門医など)

追伸:脳外科先生のところに詳細は書いています。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。