MRI検査(膝関節)での疑問

大学生・女性です。フェンシング歴8年です。
昨年1月と昨年10月に関節鏡視下で右膝半月板を手術しています。
1回目は内側縫合・外側一部切除し、2回目は外側一部切除し現在、半月板外側はほとんど残っていません。2ヶ月くらい前から右膝内側に痛みを感じ屈伸時には必ずといって良いほど「ポキッ」と音がし引っかかり感があり寝ていても痛みがあるため先日、病院に行きうまく撮影できませんでしたがMRI検査を行い半月板損傷や靭帯損傷などはなく「内側半月板がない」「タナ障害」と診断されました。その際に若年なのに軟骨がすり減っていると言われました。外側半月板がほとんどないことが大きな原因と言われましたが、自分としてはやや肥満型であり膝に負担がかかっているのが原因ではないかと思っています。診察医からは「このままではスポーツ制限も必要になるからタナの切除を勧める」と言われました。また、自分は女性なのにほぼ逆三角形の体型で太股が太く(66cm)、うまく説明できませんが、膝関節のMRI撮影時に使用するコイル(器具)?が使えず代用品を使ったのでうまく撮影ができませんでした。
そこで質問なのですが、太股が太い人は膝関節のMRI検査では良い画像が抽出できないことが多いのでしょうか?
ご返答の方、よろしくお願いします。

person_outline玲 さん -

1名の医師が回答しています

膿外科 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師