Q

インフルエンザの予防接種について

昨シーズンに初めてインフルエンザにかかり大変な目に遭いました。
今年は抵抗力が弱っているらしく、夏でも頻繁に風邪を引きます。風邪とインフルエンザが別物なのは理解してますが・・・。
早めに予防接種をしようかと思うのですが、あまり早いとその年の流行の型がわからず意味がないと聞いた事があり、かと言って遅れてしまってインフルエンザになるのも困るので、時期を選ぶのに困っています。
あと、予防接種を受ける際は何型のタイプに対応した注射なのか教えてもらえるのでしょうか。
そして、予防接種の後に新型が流行った場合再度新型に対応した予防接種を受ける事は可能でしょうか。何度も受ける事は問題あるでしょうか。
ご回答お待ちしております。よろしくお願いします。

質問者:抵抗力ナシ子 さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

ワクチンの製造には時間がかかります.ですから,新型のインフルエンザが流行ったという事がわかった時点で,それを用意して接種する事はできません.
ワクチンの効果は集団として効果を数値であらわすと,その効き目は証明されています.ただ,個々の患者さんへの効き目を保証しうるものではありません.
ワクチンをうつ事のメリット,副作用などのデメリットの確率的なもの,うたない場合に罹った場合の事,その際の治療薬(その効果や副作用)などを十分に説明をうけられて,どうなさるかをお考えになるとよいと思います.
私は,毎年うってますが,それは仕事場で間違いなくウイルスに暴露されますので,うつって自分が発熱して苦しいのはまあ仕方ないとして,患者さんや,病院の職員,そして自分が家に持ってかえって子供にうつすのは避けたいと思うようになってからです.
正しい表現ではないのですが,「今年はうったけど,やられたなあ」と思う年もありますし,「やっぱりうっとくと違うなあ」と思う年もあります.
昨年罹られたのであれば,今シーズンは,おおきなウイルスの変異がないという前提の元であれば,大人は1回接種でいいと思います.早くうつと効果に問題があるのは,ワクチンも効きが数ヶ月すると落ちてくるので,もっとも流行している時期にあわせるようにして,つまり,その流行時期に効き目がおちてきているようではいけないという意味合いで,早くうちすぎるとという事がいわれるのです.
すでに各病院にワクチンは納入されていっています.説明をした上で「どうしても今」という患者さんには,接種をしますが,今のところ,「どうしても今」の方はうちではでてきてません.ワクチンがなくなる事が不安という患者さんも確かにおられますね.

抵抗力ナシ子さん

流行の型が変わってもワクチンは簡単には変わらないのですね。
時期をどうすればよいのか迷いますが、11月に入ったら受けようかと思います。
ちなみに前回インフルエンザになったのは2月で、4月に職場の人がインフルエンザにかかったので、効き目が続行するのか少し心配ですが・・・
流行の状況も調べてみようと思います。
ありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

インフルエンザワクチンの接種を行うことで、インフルエンザによる重篤な合併症や死亡を予防し、健康被害を最小限にとどめることが期待できます。このワクチンの効果は、年齢、本人の体調、そのシーズンのインフルエンザの流行株とワクチンに含まれている株の合致状況によっても変わります。ワクチンの接種を受けないでインフルエンザにかかった65歳以上の健常な高齢者について、もし接種していたら約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったと報告されています。特に65歳以上の方や基礎疾患がある方(気管支喘息等の呼吸器疾患、慢性心不全、先天性心疾患等の循環器疾患、糖尿病、腎不全、免疫不全症(免疫抑制剤による免疫低下も含む)など)では、インフルエンザが重症化しやすいので、かかりつけの医師とよく相談のうえ、接種を受けられることをお勧めします。

わが国のインフルエンザワクチンは、WHOが推奨したウイルス株を基本にして、日本の流行状況や流行前の健康な人が持っている免疫の状況などから予測して作られています。現在のインフルエンザワクチンには、A型2種類およびB型1種類が含まれており、A/ソ連(H1N1)、A/香港(H3N2)、B型のいずれの型にも効果があります。また、ワクチン接種による免疫の防御に有効なレベルの持続期間はおよそ5ヵ月となっていますので、毎年流行シーズンの前に接種することをお勧めします。

抵抗力ナシ子さん

予防接種は混合なのですね。
安心しました。
早めの時期に受けてみようと思います。
ご丁寧な返答をありがとうございます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。