Q

スキルスガンについて

友人の奥さんが、胃の全摘手術を受けました。

今年春先、嘔吐などの症状がありおかしいと思い、PETやCTスキャンの精密検査を受けたのですが最初は判明しませんでした。

その後、手術をして細胞を検査したところ「スキルスガン」であることがいたしました。

退院後、現在はTS−1による抗がん剤治療を行なっていますが、最近また吐血した様子です。

スキルスガンの5年後生存率は、15%程度と聞いたのですが、本当でしょうか?

個人差はもちろんあると思いますが、(スキルスガン治療に用いる新薬や最近の治療法)術後の治療は、最近ではどのような方法を用いるんでしょうか?

また、副作用がひどい場合、抗がん剤治療を中止しなければならないんでしょうか?

また、スキルスガンを克服された方の事例はありますでしょうか?

質問者:エル さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

抗がん剤は平たく言うと,とにかく副作用がでる限界まで大量に投与して効果をあげたいというところがあるのです.抗がん剤の種類によって,その副作用の内容はまちまちですが.ですから,抗がん剤治療では,その副作用と体調を常に相談しながら,次のステップを考えていく事になります.その副作用が強くでる方は量を下げるなり,投与間隔をあけるなり,場合によっては薬やその組み合わせをかえる必要が出てくる事もあります.もちろん,本来の効果についてはいわんやですが.
今回の吐血の原因は何だったんでしょうか?スキルス癌の局所再発で吐血というパターンは胃全摘後であれば,少ないように思います.おそらく,内視鏡(胃カメラ)をされて,原因を確定されていると思います.もし,胃癌が遺残して,再発してるのであれば,別の
症状で出てくる事が多いと思いますし,TS-1の副作用も間接的なものを除けば,あまり関係ないように思います.

エルさん

吐血の原因は別のところにあったようですね。
ありがとうございます。貴重な情報感謝申し上げます。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

スキルス癌は,腫瘤形成型の胃癌とは対照的に分化度が低い癌細胞から形成されることが多いといわれています。進行が速く、腫瘍が小さいうちからお腹の中全体に癌が広がったりして手術不能であることも多く、たちの悪い癌です。

再発の形式としては、リンパ節再発、腹膜再発が多く、 腹膜再発は癌性腹膜炎となり、治療の効果は非常に低く,治療の困難な癌です.

生存率については、手術時の進行度によって異なります。すなわち、リンパ節への転移の度合い、肝転移の有無、腹膜播種の有無によって左右されますが、5年生存率は30%以下です.

スキルスガン治療に用いる新薬というのは特にありません.胃癌で一般的に用いるのと同様の抗癌剤を用います.

胃癌に用いる抗癌剤のなかで最も期待が大きく,良い成績が報告されているのが新規抗癌剤のTS−1です.

エルさん

和歌山の医師さん、ご回答頂きありがとうございます。
大変参考になりました。
実際この方は「TSー1」を服用していますが、副作用がひどいようです。
手術時の進行度(リンパ節への転移の度合い、肝転移の有無、腹膜播種の有無)によっては助かる見込みもあるんですね。
この辺を確認して対処するよう伝えるように致します。ありがとうございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。