Q

うつ病の医療費が補助される制度について

先日そういう情報を耳にしたのですが、
わたしもうつ病で4月からずっと通院と薬物療法を続けています。
この制度はどういうもので、どういう状態であれば適用されるのか、申請はどうすればいいのか
情報を教えていただけますでしょうか。
よく「32条が・・・」と聞くのですが
障害者の認定がおりるほどの人しか駄目だと聞いたこともあります。
どうなんでしょうか。

質問者:マヨ さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

通院医療費公費負担制度 (32条) についてですが、市区町村で仕組みが若干異なり、病院が受付窓口になるところとならないところがあります。

制度の対象についてですが、対象は精神科領域の病気にかかっていて、精神科、神経科もしくは心療内科などの医療機関に定期的に通院している方。精神病、知 的障害、精神病質。神経症のうち、心因精神病もしくは精神病質のうちに属すものを含みます。年齢制限、所得による制限、受診期間による制限はありません。診察料、お薬代が 対象です。 処方されたお薬のうち、風邪薬や吐き気止めなどの胃薬など、直接精神病を治療するもの以外のお薬は対象外となります。また、入院治療されている方は対象外となる仕組みです 。

和歌山の医師 一般内科 先生

精神疾患の治療のために医療機関に通院している方を対象にその医療費を公費で負担する制度です。 簡単に説明すると、通院医療費の 95 % までを公費で負担してくれます。

精神科領域の病気にかかっていて、精神科、神経科もしくは心療内科などの医療機関に定期的に通院している方で,

・精神病、知的障害、精神病質。神経症のうち、心因精神病もしくは精神病質のうちに属すものを含みます。
・年齢制限、所得による制限、受診期間による制限はありません。
・診察料、お薬代が対象です。
・処方されたお薬のうち、風邪薬や吐き気止めなどの胃薬など、直接精神病を治療するもの以外のお薬は対象外となります。
・入院治療されている方は対象外となります。

基本的には、お住まいの地区の役所で申請書と診断書を受取り、医師に診断書を書いてもらい、申請書とともに役所に提出します。 申請にあたって費用は不要ですが、医師の診断書料が 3,000 円から 5,000 円 程度かかります。

手続きの方法ですが,医療機関によっては申請書や診断書を常備し、申請を代行してくれるところもあります。受付で 32条にして下さい言うだけで済むところがほとんどです。 通院している医療機関の窓口に問い合わせてみてください。

有効期間ですが,2 年間です。継続して助成を受けたい場合、有効期間が切れる 3 ヶ月前から申請することが可能です。

yukiさん

私も気になっていた制度なので教えて下さい。
職場にはうつ病で通院していることは伏せていますが、この制度を利用することで、健康保険組合や職場に病気のことがわかってしまうのでしょうか?

masさん

某病院でPSW(精神科ソーシャルワーカー)をしている者です。
ご質問の制度は、正式名称を「精神障害者通院医療費公費負担制度」というもので、精神保健福祉法の32条に規定されていることから、精神科では一般に「32条」と呼ばれています。
対象疾患・制度の適応範囲についてはすでに両先生がお答えになった通りですが、さらに言うと、診療代・薬剤費・デイケア等の精神科療法利用費・訪問看護費も含めて、総医療費の自己負担額が5%になる(保険の窓口負担が3割の人は1/6になる)ものです。
申請の仕方については、お住まいの各市町村の精神保健担当課か、地域の保健センターのようなところに行くと書類がありますし、精神科のある病院であれば、窓口や相談室にたいてい書類が置いてあるはずですので、病院のソーシャルワーカー等にご相談下さい。一緒に説明もしてもらえると思います。
なお、今のところ所得等による制限はありません。(ただし、今国会で審議中の自立支援法が成立すると、来年4月からは制限されます。制度改悪の危機です!!)
申請の手順としては、まずは医師の診断書が必要になります(ただ、何科の医師でも可です)ので、診断書を書いてもらえるよう医師にご相談の上、申請方法などをワーカーなどにご相談下さい。
あと、yukiさんのご心配の点ですが、基本的にご家族が組合か社会保険事務所にレセプトの開示請求をしない限り、外部に制度のことが漏れる心配はありません。
当該市町村と保健所に5年記録が残る以外は、病院でも期限が切れれば記録を廃棄しますので、個人情報保護の観点からも会社など外部に情報が漏れる心配ありませんのでご安心を。

yukiさん

細かな点までご説明いただきありがとうございました。
仕事ではなく家庭の問題で鬱を患ってしまっているので、職場には言えないでいます。お薬と縁を切るまでに時間がかかりそうなので、この制度を是非使わせていただきたいと思います。
わかりやすい説明、ありがとうございました。

うつ病薬剤師さん

なんとなく制度は知っていましたが、うつ病でも適応されるのですか?
適応範囲の疾患が少しわかりにくかったのですが、軽度の
うつでも定期的に通院していれば対象となっているのでしょうか?
町の診療所ではレセが面倒だと敬遠されることはないのでしょうか?

masさん

うつ病はもちろん32条の対象になります。自立支援法が成立していない現状では、その軽重が問題になることはありません。ただし、診断書の内容いかん、特に状態像と個別所見の欄を軽く書かれてしまうと、県の審査会で不可の判定が出てしまうこともあるかもしれません。特にてんかんで発作抑止中の方は要注意ですので、医師と内容をよくお話された方がよいと思います。
それ以外の疾患では、いわゆる神経症・気分障害圏の病気はそれ単体の病名では認定されません。また摂食障害や○○恐怖症なんて付く病名も同様です。これらの病気と認知症は「基礎に精神症状を随伴している状況があること」を先述の欄に詳しく書いてもらう必要があると思います。
あと、敬遠されないかとの話ですが、例えば町に唯一の診療所などというところでは、32条のほかにも結核や更生医療・特定疾患など種々の制度の対応をしていると思いますので、むしろ、そういったところの方が患者さんのために懸命に対応して下さる方が多いような気がします。薬剤師さんに失礼ですが、大病院の近くの院外薬局なんかの方が、制度に疎くて結構不遜な対応をされたりして、保健所経由で結局病院に問い合わせがきたりするので困ったりする時があります。まあ、当然対応される人にもよるのでしょうが。

うつ病薬剤師さん

詳細な回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、一般的に調剤薬局の薬剤師は、医療制度などには不案内です。
と言うか、事務の専門の方に任せてるというのが実情でしょう。
新卒で薬局に入ってしまうと病院の機能がわからない薬剤師もでてきました。
病院との連携が取れてないと患者さんに不正確な情報を提供し、迷惑をかけてしまうことがあると思います。
残念ながら急激な院外調剤薬局の増加は、問題もあります。
ところで、正直うつ暦十数年になりますがこの制度の適用をすすめられた医療機関はありませんでした。
また、一般の方でこの制度を知ってる方は、少ないと思うのですが、今回の自立支援法と言い何か意図があるのでしょうか。と思ってしまうのですが・・・・

masさん

うつ病薬剤師さん、私の愚痴のようなコメントに丁寧なお返事いただき恐縮です。
さて、本題ですが、32条の制度は、正直精神科以外ではほとんど知られていないのが現状だと思います。その理由は、患者さんの増加で個々の生活状況の把握にまで手が回らない病院が多いことと、知っていてもそれを患者さんに伝えて生活の改善に反映しようという意欲がある病院・ワーカーが少ないためだと思われます。
しかしその一方で、この制度が適応範囲が広すぎることと、公費負担率が高いことが問題とされ、懸案の自立支援法では更生医療・育成医療と共に制度改悪の狙い撃ちがされました。ですが、精神の病気は、誤解を恐れずに言えば、長期間の継続的な通院治療と生活支援が必要です。また、仕事が出来なくなっている方も多いため、支出軽減という意味での生活サポートの側面も持っています。これを退廃させるということは、患者さんたちの生活、ひいては病状を悪化させることは明白です。透析や小児難病の方々と同じく、大げさではなく命に関わる重大な問題だと思います。それをただ支援費の予算不足の尻拭いをさせるために、しかもあろうことか、そのツケを患者さん自身に払わせようなどという政策は言語道断だと思います。
私は何党の支持者でもないですが、ただ「金がない」という理由だけでこんな悪法が通ってしまうような今の日本は病んでいると思います。今国が言っているのは、制度は原則申請主義=申請しなければいらないものと見なす、知らないほうが悪い、という理屈で、制度も知らない・金もない老人・障害者は早く死ね、と言っているようなものです。これが本当に福祉政策と言えるのでしょうか。
また長々と愚痴になってしまいましたが、本当に今の医療・福祉の業界は良いニュースを聞きませんね。毎日ため息で、こっちがうつになってしまいそう、と思ってしまうぐらいです。まあ、諦めずに患者さんたち・家族の方々のために少しでも頑張っていきましょう

さしゃさん

こんにちは
私も詳しく知りたく横レス失礼します。
書類を明日提出することになっているのですが(病院の受付に)、私は学生なので保険証が親の扶養者ということになっています。今は、遠隔地保険証で病院に通っているのですが、もし通院医療費公費負担がオッケーになった場合って親に私が通院医療費公費負担を受けているということが分かるのでしょうか?
親に内緒で心療内科に通っているので不安でたまりません。しかし、週1回強の通院は学生の私にとっては金銭的にきついので申請するつもりです。
もし親に私が通院医療費公費負担を受けているとわかるとしたらどういう場合でしょうか?
だれかこたえてください。よろしくおねがいします。

まりいさん

病院から親御さんにお知らせが行くことはまずないでしょう。医療費の支払いを怠った時は分かりません。

健保組合や社会保険事務所から、敢えて通知が行くということもないそうです。敢えてと書いたのは、以下の理由です。

健保組合や社会保険事務所からは、「医療費のお知らせ」という通知が定期的に発行されます。これには、かかった医療費の自己負担分・健保負担分が分けて記載されてきます。ここで、自己負担分が低いのが分かってしまいます。
また、私の夫の健保組合では、そこに公費負担と記載されてきます。この「医療費のお知らせ」は全ての機関で同じかどうかはわかりません。

さしゃさん

参考になりました。ありがとうございました。
まだ扶養されている身なので、「医療費のお知らせ」が
こないことを祈ってます。。。
たしか、そういうのを見たことがあるので仕事場から
頂くかもしれませんが、親に知られるのを少しは覚悟して
おきます。
ありがとうございましあ。

masさん

既にお答えのようですが、追加でご説明したいと思います。
まず、病院からは、医療費の支払いを長期間滞納した場合か緊急時以外は絶対にご本人の許可無く連絡をとることはありません。
あと、これは先日も説明しましたが、基本的に組合か社会保険事務所に家族がレセプトの開示請求をしない限りは外部に情報がもれることは一切ありません。個人情報の管理にはどこも厳しいご時世ですから、ご安心を。
ただし、申請書の「家族の連絡先」に記入をしている場合で、担当市町村によっては、通知書がご家族宛に送付されてしまう場合がありますので、確認が必要かと思います。病院での申請代行のようですので、申請の際に一言確認を。

さしゃさん

家族の連絡先というのはなかったですが、家族の名前を書く欄がありました。。。
保険証が私の立場がまだ扶養になっているので不安でしたが少し安心しました。病院でもう一度聞いて見ます。ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。