Q

自己免疫生溶血性貧血

父が今、胃ガンの術後の合併症で加療中です。数種類の抗生剤や輸血等いろいろな薬を使っていますが、急性腎不全のため、薬の量を調整したりしているようです。
昨日、主治医より「自己免疫生溶血性貧血」とおはなしがありました。おそらく、薬の影響が多きのではとのことです。
こわい病気ですか?予後も含め、この病気のことを教えて下さい。

質問者:kai さん

関東在住内科医その2 先生

関東在住内科医その2 先生

薬による一種のアレルギーが原因でこのタイプの貧血を起こすことは確かにあり、その場合は原因となっている薬を中止する以外には治す方法はありません。
ただかなり色々な合併症をかかえておられるようですので、どうしてもやめられない薬も多いのでしょう。
程度が軽ければ様子をみることもできますが、重度の場合は生命に危険が及ぶこともありますし、薬以外の原因でも溶血性貧血を起こすことはありますので、今後とも注意深い経過観察が必要です。

予後については、結局のところ他の合併症(腎不全、敗血症など)の経過如何にかかっていると思います。合併症がうまく切り抜けられれば薬も最小限で済み、貧血も良くなると思います。

kaiさん

お返事を見るのが今日になり、返信が遅れて申し訳ありません。
本人は今、赤血球や血漿の輸血を繰り返しながら踏ん張っております。
予後についてはやはり、その他の病気の経過を見なければならないのですね。心配です・・。
数日たってのお返事感謝致します。ありがとうございました。

kaiさん

敗血症も発症したため、種類・量を調整しつつも、薬を使わざるえない状況です。(膿胸・心不全・肺炎・中毒疹もあります)

いち内科医 先生

自己免疫性溶血性貧血は免疫系の機能に異常が生じる疾患群で、赤血球を異物とみなして攻撃する自己抗体が産生されます。

自己免疫性溶血性貧血はまれな病気で、年齢に関係なくみられ、男性より女性に多く起こります。約半数は原因が不明です(特発性自己免疫性溶血性貧血)。全身性エリテマトーデスなど別の病気に併発したり、そういった病気が原因となって起こることもあります。まれに、ペニシリンなどの薬を使用した後に発症することがあります。

自己抗体による赤血球の破壊は、突然起こることもあれば、ゆっくりと進行することもあります。ある時期を過ぎると赤血球の破壊が止まる場合もありますが、破壊が続いて慢性化することもあります。自己免疫性溶血性貧血は、温式抗体によるものと冷式抗体によるものに大別されます。前者では、正常体温と同じかそれ以上の温度で自己抗体の活性が高くなり、赤血球に結合して破壊します。後者では、正常な体温よりかなり低い温度のときだけ自己抗体の活性が高くなり、赤血球を攻撃します。

自己免疫性溶血性貧血では、特に赤血球の破壊が軽度でゆるやかに進む場合は、症状がみられないことがあります。赤血球の破壊の程度が激しい場合や速く進む場合は、他の種類の貧血と同様の症状が現れ、軽度の黄疸が起こることもあります。赤血球の破壊が数カ月以上続くと、脾臓が腫れて、腹部の膨満感や不快感が生じます。

別の病気が原因で自己免疫性溶血性貧血が起きている場合は、リンパ節の腫れや圧痛、発熱など、原因となっている病気の症状がみられることがあります。

貧血と診断され、血液検査で未熟な赤血球(網状赤血球)の数が増加していれば、赤血球の破壊が疑われます。あるいは、血液検査から、ビリルビンという物質が増加し、ハプトグロビンというタンパク質が減少していることがわかる場合もあります。

特定の抗体が増加していることが血液検査で確認されれば、自己免疫性溶血性貧血の診断が確定します。検査としては、赤血球に付着している抗体を検出する方法(直接抗グロブリン試験または直接クームス試験)と、血清中にある抗体を検出する方法(間接抗グロブリン試験または間接クームス試験)とがあります。赤血球を破壊する自己免疫反応の原因を突き止めるため、その他の検査が行われることもあります。

症状が軽い場合や赤血球の破壊速度が遅くなっている場合は、治療の必要はありません。赤血球の破壊が悪化している場合は、プレドニゾロンなどのコルチコステロイド薬が治療薬として選択されます。最初に高用量を使用し、その後数週間から数カ月かけて徐々に減量していきます。コルチコステロイド薬で効果がない場合や、耐えられない副作用が起きた場合は、手術による脾臓摘出が次の治療法となります。脾臓摘出後も赤血球の破壊が続く場合や、手術ができない場合は、シクロホスファミドやアザチオプリンなどの免疫抑制薬を使用します。

血漿交換は血液をろ過して抗体を除去する方法で、他の治療法で効果がない場合に行われます。赤血球破壊の程度が激しい場合は、輸血が必要になることがあります。ただし、輸血は貧血の原因を治療するものではなく、一時的な対症療法にすぎません。

kaiさん

なんだかむつかしいですね・・。
じっくり読み返してみたいと思います。
有り難うございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。