Q

排卵誘発剤について教えてください NO2

夫が53歳なので妊娠できる可能性は低いと考えています。それと長男なのでどうしても男の子が欲しいんです。排卵誘発剤は1度に4.5個排卵してしまうと聞きましたが、男の子の見分けは可能なのでしょうか?出来れば自然に任せたいのですが、夫の歳と病気のことを考えると、薬の力を借りようと思っています。

質問者:成龍 さん

ゆうかさん

素人が口をはさんですいませんが、疑問に思うことがありましたので投稿させていただきます。

ご主人が53歳とありましたが、あなたはまだ26歳ですよね?あなた自身に排卵障害があるのでしょうか?排卵誘発をしなくても産婦人科で経腟エコーで卵胞の成熟を診たり、ホルモン値を計測したり、頚管粘液の性状等調べていただいたら、性交のタイミングをとるだけで妊娠に至るのではないでしょうか。

ご主人がED等で性交ができないのであれば(糖尿病の方は多いと聞きましたので・・・)、人工授精や体外受精などの異なる不妊治療が必要かもしれません。あるいは精子の運動率が低下したり、奇形率が高いと自然妊娠は難しいらしいので、まずはそれを調べていただいたらどうでしょうか。排卵誘発を治療の第一選択とするのはちょっと変では。

まずはあなた自身が2ヶ月くらいきちんと基礎体温をつけて、それから産婦人科に相談されてはいかがでしょうか。不妊の原因を調べ、診断をつけ、適切な治療を施していただくために、今は急がば回れだと思います。

hero2005 先生

女性が排卵がなければ、妊娠はしません。これは、年齢に関係がありません。もちろん、男性の因子も関係しますが、それは女性の排卵周期の確認の後でいいことです。

排卵誘発は、きちんとした排卵がなかったときにおこなうものとして提案しております。排卵障害がなければもちろん不要なのかもしれません。

不妊治療の答えは、ひとつではありません。また、ベストの選択肢も一つではありません。カップルにとって、選択肢は異なります。また、妊娠までの期間の切実さによっても異なります。

排卵がなければ妊娠はしません。ですから、排卵周期を確実にするのが、ファーストステップです。素人さんの意見も大事ですが、優先順序を間違えると回り道になります。「経腟エコーで卵胞の成熟を診たり、ホルモン値を計測したり、頚管粘液の性状を調べて」排卵誘発の要否を確認するので、この検査をすることが排卵誘発のステップのひとつです。

排卵誘発や不妊症治療についての、誤解があるように思われます。むやみやたらに排卵誘発剤を使用するのが、排卵誘発ではなく、もちろんステップを踏んですすめていくものです。話が飛躍しすぎています。いきなり、EDだの精子の奇形だの、自然妊娠が難しいだのいっても、男性は協力するどころか、卑屈になります。

ゆうかさん

私自身も約1年の不妊治療を経て、現在妊娠に至っております。結婚以前から生理不順があり、夫婦生活を続けてもついに自然妊娠には至りませんでした。
そこで産婦人科の門を叩いたのですが、初診時は「基礎体温をつけてきてください。」と門前払い。とりあえずの一般採血と癌検診のみ受けました。
その後約2ヶ月基礎体温をつけ、再度受診し、排卵障害と診断を受けました。さらに排卵障害の原因を調べるために約2ヶ月にわたって、様々な検査を受けました。
排卵誘発の治療を開始したのは初診から5ヶ月近く経ってからです。また2回目の誘発後、タイミング指導をうけ、排卵日翌朝の主人の精子の状態を調べる検査も受けました。子宮口付近の精子を採取し状態を見る検査です。もしそこで精子の異常が見つかっていれば、主人は精子を直に採って、検査に提出していたかもしれません。
医院や医師によっても治療は様々でしょう。しかし大抵の医院は初診時に「排卵誘発をしてください」と言っても門前払いだと思います。時間を無駄にしないためにも明日から基礎体温をつけることをお薦めします。hero2005先生のおっしゃる通り、排卵周期の確認が先決だからです。

「EDだの精子の奇形だの」という話を持ち出したのは、成龍さんがご主人の年齢や既往・治療を一番心配されているのではないかと感じたので、可能性の一つとして挙げさせていただだいたけです。余計な心配をおかけしたのなら申し訳ありませんでした。
さて成龍さんはなぜ「自然妊娠は難しい」「薬に頼るのがよいのでは」「排卵誘発を」とお思いになったのですか?主にご主人側を心配されているからですよね。それならば何よりご夫婦できちんと不妊治療について話し合う機会を持ってください。そしてご主人の協力を得てください。
不妊治療には金銭的負担に加えて、苦痛や羞恥心等、様々な困難が伴います。またその多くは女性が引き受けるものです。長く辛い不妊治療になるかもしれないのに、夫の協力がなければどうして妊娠に至ることができるでしょう。不妊にはどういう原因因子があるのか、この先どういった検査を要するのか、自分たちのゴールをどこに置くのか、それらをご夫婦で納得するまで話しあって、意識統一されることをお薦めします。

hero2005 先生

個人の経験は全く参考になりません。個人の経験はその方のことでしかありません。個人の経験を言うならば、お宮のお札を買ったから妊娠したでも通用します。

不妊治療の最大の問題は、妊娠したヒトの不用意な発言です。個人の経験は「恨み、つらみ」を含めていろんなことがあります。

あとは、どちらの意見を採用するかです。個人の経験を否定はしません。不妊治療においてはすべてが真実であり、そしてその真実が、すべてのヒトにとって真実とは限らないのです。何が、自分にとってベストであるかを感じ取っていくことが重要です。

ゆうかさん

今度は苦言です。
私が成龍さんに述べたいのはただ2点。
1.一日も早く基礎体温をつけましょう。
2.どういう治療をするにしろ、夫婦でしっかり話し合っ てから臨みましょう。協力することが大切です。

これらの意見がどうして否定されなくてはいけないのでしょうか??私に施された治療をそっくりそのまま成龍さんにも受けたらと提案しているわけではありません。はっきりいって先生の良識を疑います。それとも文章を読み取る能力がおありではないのですか?
hero2005先生ご自身も他の方への投稿では「基礎体温をまずつけましょう」と回答されていましたよね。それがこの成龍さんにはあてはまらないとおっしゃるのですか?

hero2005 先生

ご相談者は、「排卵誘発剤の使用の是非」をお尋ねになっておられます。その使用の開始前や使用中に基礎体温をつけるのは当然のことです。

基礎体温をまずつけることは、当たり前のことです。

いっているのは、これらのことをした上で、必要なら、そして妊娠の可能性を高めるための排卵誘発剤の使用を考えましょうといってます。基礎体温をつける必要がないとか、夫婦で相談することを否定するようなことはいっておりません。論点が、違ってませんか。最初からもう一度、読み直してみてください。

成龍さん

ゆうかさんは自分の色々な思いを私のメールにかぶせていらっしゃるのですね…

私はただ『 排卵誘発剤について教えてください 』と皆様にお尋ねしただけです。

それにはっきり言って私達は不妊ではありません!

私達は男の子を授かる為に、何か良い方法はないかと先生にお尋ねしていたのです。加えて、夫の年齢と病気のこともお伝えしておいたほうが、ピンポイントで解答いただけると思い書いたのです。

それをEDだの、精子の奇形だのと人の気持ちを逆撫でするようなことばかり言って、失礼ですよ。

貴方がどのような治療を強いられたのかは存じませんが、貴方のイライラを、私や先生にぶつけるのは止めていただけますか!!

赤ちゃんが出来たのにそんなギスギスしていては胎児に良くないですよ…(vv,)

成龍さん

不妊ではありません !

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

代表的な排卵誘発剤のクロミッドでは、双子以上が生まれる確率は100の分娩に対して3〜7人くらいとされています。自然の場合には1〜2人です。言い換えると、クロミッドを内服しても100人のうち、93人から97人は一人の子供しか生まないということになります。この差を大きいととるか否かでしょう。クロミッドでは最大でも3人以下です。注射による排卵では使用法によってはクロミッドと同じ程度から、10個近く排卵されることもあります。男女の見分けは、厳密には不可能です。

hero2005 先生

男女の「見分け」は、厳密には不可能です

「見分け」ではなく「産み分け」です。すみません。

成龍さん

薬を使ってもすべての人が多数の排卵があるわけではないし、有効な受精卵を失わずに済むと解りほっとしました♪”私は子供はたくさん欲しいので自然に任せたいのですが、夫の年齢と病気、それから夫の母のこと(84歳)を考えると、1日も早く男の子を授かりたいのです。どうか良いアドバイスを宜しくお願い致します。

hero2005 先生

排卵周期を一定にして、タイミングよく妊娠の機会を作り出すという意味では、経口の排卵誘発剤を使用することも考えていいと思います。タイミングよく排卵して、質のいい状態の成熟卵を排卵させる、そしてその後の良好な黄体機能を作り出すということは妊娠の可能性を高める効果があります。これは、排卵誘発剤を「排卵調節剤」として使用する考え方です。ご検討されてみてください。排卵誘発剤を使用すると、卵巣の卵を無理にたくさん出してムダ使いするのではと心配されるかたもおられますが、そうではありません。
卵巣から一回の排卵がおこなわれるためには、20〜30個の原始卵胞が動員されます。これをリクルートといいます。このリクルートされた卵胞が、いっせいに排卵に向けて成熟を開始します。そして、一番に成熟した卵が排卵というゴールに達したときに、残りの卵胞にはシャッターが下ろされて排卵ができなくなり消失していきます。排卵誘発剤は、このレースに関与して一等賞の卵とあまり変らない卵をたくさん作り出し、同時ゴールの一等賞が2〜3個にするということになります。また、体外受精では排卵前に吸引してたくさん取り出します。つまり、一個だろうとたくさん排卵しようと、そのときにリクルートされて消えてゆく卵の数はかわりがないので、ムダに「たまごのもと」と消費するわけではありません。生まれたときには200万個くらいの原始卵胞を持っておりますが。閉経時には1〜2万個に減少しています。ずっと排卵が40年あっても排卵で消失する卵胞はせいぜい1万5千個未満です。つまり、自然消滅のほうが、はるかに多いのです。排卵誘発剤を使っても、原始卵胞の無駄遣いにはなりません。その、心配はいりません。

成龍さん

先生にはいつも勇気と希望をいただきます。
夫にも話し、これからの人生を楽しく生きていけそうです(^▽^)”

成龍さん

なんだか途中から話の主旨が違ってしまい、不愉快な感じです…(vv,)

でも私は先生の解答にはとても感謝しています。

私の疑問に答えてくれるのはhero2005先生だけです。

私のように全く知識の無い者にとっては、先生は解りやすく専門用語を用いて説明していただけるので、とても心強く、不安や疑問を解消してくれる頼れる存在です。

これからも、このサイトの相談に解答してください。
m(v.v)m宜しくお願い致します。

本当にありがとうございます。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。