慢性的な下痢について。

初めまして。
質問というのは、33歳の夫のことです。
もともとおなかが弱い人でしたが、ここ二年ぐらいトイレに行く回数が増えました。
朝だけでも二回ぐらい行きますし、食事の後は必ず行くようです。
早食いで、あまりかまないようですし、
おろしにんにくが入っているような料理の時は、すぐおなかが痛くなったりというのがあるので、
そういうこともいけないのだろうとは思います。

昨年、あまりに下痢がひどいので、心配になり、近所の病院(内科)で腸に内視鏡を入れて検査してもらいました。
検査に至るまでがかなりつらかったようですが、
いざ内視鏡で見てみると、ところどころ炎症があるけれど、それは癌とかポリープとかいうようなものではない。と言われました。

仕事が急に忙しくなってから、下痢の症状がひどくなったように思うので、私は、「過敏性腸症候群では?」と先生に質問しましたが、その場合、検査してもなんの異常も見つからないとのこと。今回は、炎症がありますから、これが下痢の原因でしょう。と言われました。

検査をする前、彼にもストレスがあるんじゃないの?いやなこと考えるとおなかが痛くなったりするんじゃないの?と聞いてみましたが、まったくそういうのではないようです。

大変な思いをして受けた検査のわりには、
「炎症が治るのを待つしかないですね。」というあっさりした診断でした。
渡された薬も、整腸剤(ラックビー)ぐらいで、以降特に変化はありません。

胃腸に関しては、食生活が重要だと思いますので、
本来は管理したいのですが、営業職のため、お昼は管理できません。晩御飯だけでも気をつけるようにしています。

検査から一年経ち、またひどくなってきたので、
今度は本人がドラッグストアから整腸剤を買ってきて飲むようになりました。普段はそんなことをしない人なのでよっぽどしんどいのだと思います。

再度検査をしたら?と言ってみましたが、
下剤を飲んだり、お尻から内視鏡を入れるのがつらかったからもうイヤだ!と拒否されました。

とはいっても、素人判断で、整腸剤を飲む程度でいいのか心配です。

内視鏡の映像は、病院のパソコンに保管されているので、
CDを持ってくれば、いつでも焼いてあげますよ。と言われました。

その先生は、説明を求めてもいまひとつ納得できる回答が得られないので、再度その先生にお聞きしてもあまり意味はないように思われます。

きちんとお医者さんにかかれば済むことなのですが、
こちらでも一度御相談したくて書き込みました。

症状についてのアドバイスと、
もし別のお医者さんにかかる場合、一年前の内視鏡検査の画像でも参考になるかどうかを教えてください。

person_outlinesasagani さん -

1名の医師が回答しています

いち内科医 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師