病気の医療相談なら、医師に相談できるAskDoctors 「アスクドクターズ」

お薬事典

ラミクタール錠小児用5mg

製薬会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
主成分
ラモトリギン
剤形
白色の錠剤、長径8.0mm、短径4.0mm、厚さ2.6mm
シート記載
(表)ラミクタール小児用5mg、ラミクタール5、5(裏)Lamictal小児用5mg、GSK、GS CL2、ラミクタール小児用5mg
改定
2016年11月
ラミクタール錠小児用5mg

ラミクタール錠小児用5mgに関するQ&A

至急。ラミクタールを服用しています

至急です、お願いします。 うつ病のためにラミクタールを服用しています。 ラミクタール服用していますが、生理痛でお腹と腰が痛いのでバファリンをのみたいのですが、のみあわせ?は大丈夫 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件

ラミクタールだけでの妊娠、出産、授乳

今、フェノバールとラミクタールを服用しています。第三子を希望しているので、最後に授乳をしたくて希望します。二人ともフェノバールとラミクタールだったのでフェノバールは移行するみたいでミルク 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:5件

内服方法

現在、双極性障害と診断されています。 朝ジプレキサ、ラミクタール 眠前にリボトリール、デパケン、ラミクタールを 処方されています。 しかし、眠前の薬を飲むと、朝起きられず、 ラミクタール 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件

ラミクタールとリーマス

ラミクタールは合ってましたが、無理やりリーマスに変更されました。納得いかないという感じですが、強引過ぎて唖然でした。リーマスはあわなくて鬱病そのものになってしまい横になっていて何も手に付かない、家 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件

ラミクタール

ちょっと気になったので、お聞きしたいのですが、 現在 ラミクタール100mgを1個 以前 ラミクタール25mgを4個 ラミクタール25mgの4個とラミクタール100mg1個 では、何 続きを読む

医師回答あり 医師の回答:2件


作用・効能

  • 興奮性神経伝達物質の遊離を抑制して神経の過剰な興奮を抑え、けいれん発作を起こしにくくします。
    通常、部分発作、強直間代発作、Lennox-Gastaut症候群における全般発作に対する他の抗てんかん薬との併用療法、定型欠神発作に対する単剤療法に用いられます。

抗てんかん薬に分類されるお薬


副作用

主な副作用として、単剤療法では発疹、頭痛などが、他の抗てんかん薬との併用療法では、傾眠(意識がぼんやりする)、めまい、肝機能障害、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 発熱、眼の充血、口唇・口腔粘膜・陰部のびらん
    [皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症]
  • 発疹、発熱、顔面浮腫
    [薬剤性過敏症症候群]
  • 貧血症状、発熱、のどの痛み
    [再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症]
  • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる
    [肝炎、肝機能障害、黄疸]
  • 首の硬直、発熱・頭痛、吐き気・嘔吐
    [無菌性髄膜炎]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

副作用の似たお薬


使用上の注意 (事前に医師・薬剤師に伝えるべきこと)

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。死にたいと強く思ったり考えたりしたことがある。脳の器質的な障害、または統合失調症の素因がある。肝障害、腎障害がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

使用上の注意の似たお薬


用法・用量

  • バルプロ酸ナトリウムを併用
    通常、小児は初めの2週間は1日体重あたり0.15mg/kgを1回に服用し、次の2週間は1日0.3mg/kgを1回に服用します。以後、1〜2週間ごとに1日量として最大0.3mg/kgずつ徐々に増量されます。維持量は、1日1〜3mg/kgを2回に分けて服用するとされています。なお、バルプロ酸ナトリウムに加えてフェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、リファンピシン、ロピナビル・リトナビル配合剤、アタザナビル/リトナビル、エチニルエストラジオール・レボノルゲストレル配合剤(経口避妊薬)などを服用している場合の維持量は、1日1〜5mg/kgを2回に分けて服用するとされています。いずれも1日最大量は200mgとされています。
    バルプロ酸ナトリウム以外の薬剤(フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、リファンピシン、ロピナビル・リトナビル配合剤など)を併用
    通常、小児は初めの2週間は1日体重あたり0.6mg/kgを2回に分けて服用し、次の2週間は1日1.2mg/kgを2回に分けて服用します。以後、1〜2週間ごとに1日量として最大1.2mg/kgずつ徐々に増量されます。維持量は1日5〜15mg/kgを2回に分けて服用するとされていますが、1日最大量は400mgとされています。
    バルプロ酸ナトリウム以外の薬剤(アリピプラゾール、オランザピン、ゾニサミド、ガバペンチン、シメチジン、トピラマート、プレガバリン、リチウム、レベチラセタムなど)を併用
    通常、小児は初めの2週間は1日体重あたり0.15mg/kgを1回に服用し、次の2週間は1日0.3mg/kgを1回に服用します。以後、1〜2週間ごとに1日量として最大0.3mg/kgずつ徐々に増量されます。維持量は1日1〜3mg/kgを2回に分けて服用するとされていますが、1日最大量は200mgとされています。
    ラミクタール単剤療法の場合
    通常、小児は初めの2週間は1日体重あたり0.3mg/kgを1回または2回に分けて服用し、次の2週間は1日0.6mg/kgを1回または2回に分けて服用します。以後、1〜2週間ごとに1日量として最大0.6mg/kgずつ徐々に増量されます。維持量は1日1〜10mg/kgを、1回または2回に分けて服用します。症状に応じて適宜増減されますが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日量として最大0.6mg/kgずつ徐々にされます。1日最大量は200mgとされています。
    本剤は1錠中に主成分を5mg含有しますが、他に2mg、25mgまたは100mg含有するものがあり、これらを組み合わせて飲むことがあります。必ず指示された服用方法に従ってください。
  • 飲み忘れた場合は、気がついた時に1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は1回とばして、次の決められた時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
  • 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

用法・用量の似たお薬


生活上の注意

  • 発疹や重篤な皮膚障害があらわれることがあります。患者さんや家族の方は、十分に理解できるまで医師の説明を受けてください。また、このような症状があらわれたらただちに医師に連絡してください。
  • 眠気、注意力・集中力・反射能力などの低下が起こることがあるので、自動車の運転などの危険を伴う機械の操作は行わないでください。
  • うつ症状のある人は死んでしまいたいと感じることがあります。この薬を飲んでいる間、特に飲みはじめや飲む量を変更した時に、不安感が強くなり死にたいと思うなどの症状があらわれた場合は、医師に相談してください。

生活上の注意の似たお薬


保存方法・その他

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄については受け取った薬局や医療機関に相談してください。
  • [ご家族の方へ]死にたいという気持ちになる、興奮しやすい、攻撃的になる、ちょっとした刺激で気持ちの変調を来すなどの患者さんの行動の変化やうつ症状などのもともとある病気の症状が悪化する危険性について医師から十分に理解できるまで説明を受け、患者さんの状態の変化について観察し、変化がみられた場合には、医師に連絡してください。


AskDoctors「アスクドクターズ」は、国内最大級の医師会員を持つエムスリーが運営する医師相談サービスです。

  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
  • スマートフォン対応
会員登録
  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
会員登録
  • 医師に相談Q&A現役の医師があなたの疑問を解決。過去の質問も検索できます。医師に相談 〉
  • アンケート気になる疑問を選択式で会員に質問。みんなの考えがわかります。みんなに質問 〉
  • スマートフォンでもQ&Aや生理日予測などが利用できます。お支払いも便利。

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

AskDoctorsのグループサイト

医知恵
病気に関する疑問や不安を専門医と同じ悩みを持つ会員の知恵で解決できる知恵共有サイトです。
医知恵乳がん トップ医知恵更年期 トップ
AskDoctors
一般生活者向け健康商品・サービスにおいて、医師の意見を取り込んだ商品開発や商品評価を実施するサービスです。
AskDoctors総研 トップ商品詳細AskDoctors総研について

ご本人確認のため、登録情報に誤りがないかご確認ください。

登録情報を確認する 今はしない