NO IMAGE

ナパゲルンローション3%

ファイザー
NO IMAGE

皮膚から吸収された後、炎症に係わる体内物質プロスタグランジンの合成を抑え、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげます。通常、変形性関節症 ... 続きを見る 、筋・筋膜性腰痛症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘など)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛の鎮痛・消炎に用いられます。

製品一覧

  • 3%1mL

関連するQ&A

Q

5歳の息子が股関節が痛く股関節炎と診断され

person 乳幼児/男性 -

いつもありがとうございます。 5歳の息子が先週右股関節が痛いと言って歩けなくなりました。以下時系列は次の通りです。 2/13(水)朝 右股関節の痛みを訴え歩けず。発熱なし。整形外科を受診→レントゲン異常なし、股関節の炎症との診断。歩かないこととの指示あり、15日の受診を勧められる。 2/14(木) 痛みが引いており痛くない様子。歩くことを禁止されているため、抱っこで生活。 2/15(金) 整形外科受診。経過が良いとのことで少しだったら歩いて良いとの許可。走ることはまだ許可が出ず。翌週月曜日の受診を勧められる。 2/18(月) 整形外科受診。経過良好とのこと。走ることの許可は出ず。翌日の受診を勧められる。 2/19(火) 整形外科受診。経過良好とのこと。昨日と同じ診断。週末または翌週月曜日の受診を勧められる。 2/22(金) 整形外科受診。経過良好とのこと。走ることの許可は出ず。翌週月曜日の受診を勧められる。 薬は痛み止めの貼り薬(ヤクバンテープ 20ミリグラム)が初日2/13に処方されましたが、一度貼っただけでかぶれてしまったので塗るタイプの痛み止め(ナパゲルンローション3% 1ml中 日局 フェルビナク30ミリグラム含有)に変更してもらいました。 尚、貼るタイプの痛み止めは初日のみ、 塗るタイプの痛み止めはかぶれの症状があったため2/16から2/20くらいまで1日1回(痛みが引いていたため)使いました。 全日を通して発熱はなく、痛みがあったのは初日のみです。 また月曜日も整形外科を受診予定ですが まだ安静にしていたほうがよろしいでしょうか。2歳頃にも同じようなことがあったのですがこんなに通院が長引かなかったので、他の先生方のご意見も伺いたく質問させていただきました。 (乳幼児/男性)

3名が回答 整形外科

このお薬の分類

薬効分類
鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤
メーカー
ファイザー