NO IMAGE

ベネトリン錠2mg

グラクソ・スミスクライン
NO IMAGE

β2受容体刺激作用により、気管支を拡げることで息切れなどの気道閉塞による諸症状を改善します。通常、気管支喘息、小児喘息、肺気腫、 ... 続きを見る 急・慢性気管支炎、肺結核、珪肺結核の治療に用いられます。

製品一覧

  • 2mg1錠

関連するQ&A

Q

年1回の喘息発作に悩んでいます

person 60代/女性 -

年1回3月末に喘息発作が起きます。 2次救急の総合病院に夜間発作が起き点滴とネブライザーを受けました。 ネオフィリン注250mg2.5%10ml0.5菅 リンデロン注2mg(0.4%)1菅 ソルデム3A輸液200ml1袋 ベネトリン吸入液0.5% 0.4ml インタール吸入液1% 2ml1菅 生殖液NS 20ml0.05菅 内服薬 プレドニン5mg×朝·昼3錠×5日分 5mg×朝·昼2錠×5日分 5mg×朝2錠×5日分 を処方されました。 一週間後受信し、 フローボリュームカーブFeno(10秒)29 肺機能検査(1)ネブライザー吸入前 強制呼出曲線 1秒量[fev1]1.20L 1秒率(g)57.42% 肺機能検査(2)ネブライザー吸入後(ベネトリン0.4mL 生食液20mL 0.05菅) 1秒量[fev1]1.33L 1秒率(g)52.78% その他非特異性IgE定量検査 Hba1c CRP MPO-ANCA CR3-ANCA をしました。 その結果シンビコート3吸入×2回 からスピリーバ2.5ugレスピマット60吸入1本 レルベア200エリプタ30吸入 キプレス錠10mg×1錠 と15年間使用していた薬を一変されました。 その上、アレルゲンの値がハウスダストと、犬の粉表皮だにの値が高いため、 ゾレア150を4週間に3本摂取することを勧められました。 年に1回の発作で、後は点滴なんか1回も受けたことがないのですが、日中は喘息コントロール出来ていると思っていました。ゾレアを使うには余りにも高額すぎて、5年間も継続できるのかとても迷っています。 ステロイドの離脱が私自身大変で、ドクターに相談をしたらこのような結果が出ました。 ステロイドが嫌ならゾレアだそうです。 ご意見ヨロシクお願いします。。 (60代/女性)

3名が回答 呼吸器・喘息
Q

造影剤点滴で顔が醜く腫れてしまいました。

person 50代/女性 -

昨日午前から左脇腹が痛み出し、夕方になっても痛みが変わらず、微熱もあったたため近所の内科を受診し、触診したところ「憩室炎」の疑いで市内の救急外来に回されました。私はアトピー性皮膚炎があり、またロキソニン使用で顔が浮腫む体質であることは問診票に書いたのですが、造影剤は使用したことがなかったのでそのまま承諾書にサインの上、造影剤による腹部CTとなったのですが、造影剤が全て入った瞬間熱感を感じだし、撮影後は目が明けにくくなり、かゆみと頭痛と鼻水、呼吸の苦しさが出てきてしまいました。医師に報告し1時間~2時間ほど点滴と吸入を受け、呼吸しずらさは収まってきたので帰宅したのですが、まだ顔の腫れがひどく鏡を見て動揺しています。 肝心の腹痛の方は、このアナフィラキシー状態になってしまったショックの方が大きく現在さほど気になりません。医師によると「憩室炎」であるかどうかについては、私の腹部に脂肪が少なかったため、正直CT画像では確信がなさそうなことを言っていました。使用薬剤と処方薬は以下の通りです。 【点滴】ポララミン注5mg 0.5%ml 1A/ 生食「ヒカリ」 50ml 1壜/ ヴィーンF輸液 500ml 1壜 【処置】ネブライザ- ベネトリン吸入液0.5% 0.3ml/生理食塩液5ml 1A 【投薬】レポフロキサシン錠 2T/ミヤBM錠 3T/フラジール内服錠 2T 今回お医者様に回答をお願いしたい点は下記2点です。  1.顔の腫れは放っておいても落ち着くのでしょうか?(目安としてどの程度時間がかかりますでしょうか?)  2.アレルギー反応の処置に使用したベネトリン吸入液はステロイドでしょうか?(アトピーで長年苦しんだ経験があるので、ステロイドについては過敏に反応してしまうのです。)この吸入による副作用等の心配はないのでしょうか? 以上ご高察お願いいたします。     (50代/女性)

15名が回答 アレルギー
Q

小児喘息の有症時の薬について教えてください。

person 10歳未満/女性 -

もうすぐ9歳になる女児ですが、3歳から喘息と言われ、アドエア50エアゾールから吸入を始め、小学校入学からは ●アドエア125エアゾール(朝晩2回吸入) ●インタール吸入液とベネトリン吸入液(1回0.2mg)(朝晩2回吸入) ●シングレア を欠かさず吸入・服用しています。 しかし、季節にもよりますが、平均して2ヶ月に1回は痰の絡む咳が始まります。(主なきっかけは風邪や冷えで、マラソンの運動でもなります。) そして、2週間ほど痰がらみの咳が続いて(途中咳が激しくなる)、その間は以下の薬を服用します。 ※3年生になってからは、( )の薬の量になりました。 ●クラリス錠50小児用(1日6錠)とミヤBM錠 ●テオドール錠50mg(1日2錠) ●ホクナリンドライシロップ0.1小児用(1.5g) ●ムコダイン錠250gm(1日3錠) ●ソランタール錠50mg(1日3錠) 今のかかりつけの先生は、咳が出ると、このようにいつもクラリスと気管支拡張剤を出します。他のステロイド剤は出しません。 逆に、引っ越す前の先生は、咳の症状が出たら、上のような飲み薬に加えて、メプチンとインタールの1日3回吸入をして、その間はアドエアをやめるよう指示されていました(気管支拡張剤が多すぎるとのことで)。 お聞きしたいのは、痰の絡む咳の時には、どちらの方法が効果的なのでしょうか? あるいは、有症時には、今の先生のお薬に加えて、さらにパルミコートなどの気管支拡張剤の入っていないステロイドを追加したほうが良いのではないかと素人ながら考えます。 しかし、毎日、アドエア125エアゾールを2回吸入していますので、さらなるステロイド剤は多すぎるのでしょうか? 毎回咳が長引く子供が可哀想に思います。ご回答をどうぞよろしくお願いします。 (10歳未満/女性)

3名が回答 呼吸器・喘息

このお薬の分類

薬効分類
気管支拡張剤
メーカー
グラクソ・スミスクライン