NO IMAGE

ネオドパストン配合錠L100

第一三共
NO IMAGE

レボドパとカルビドパの配合剤です。レボドパは、ドパミンに変わり、脳内に取り込まれて、不足しているドパミンを補い、パーキンソン病を ... 続きを見る 改善します。カルビドパは、レボドパの脳への移行を高めます。パーキンソン病並びにパーキンソン症候群に伴う無動〜寡動、筋硬直、振戦に奏効し、日常生活動作を改善します。また、その他の随伴症状も改善します。通常、パーキンソン病、パーキンソン症候群の治療に用いられます。

製品一覧

  • 1錠
  • 1錠

関連するQ&A

Q

パーキンソン病の薬が合わないがどうしたらいいか。

person 70代以上/女性 -

70代前半の母が昨年暮れにパーキンソン病と診断されました。 5、6年前から手がちょっと震えるようになり、鬱と診断され、鬱の薬などあらゆる薬を飲んでいましたが、体重が激減するし、その後坐骨神経痛になったりと体調が悪化するばかりでした。病院を変え、今の病院には2年半前から通い始めて、様々な検査をし続けた結果、パーキンソン病初期と診断されました。ただこの半年で目に見えて進行しているようです。 今は、手に力が入らず、脳の指令どおりに手足の動かせず、すごくストレスになっています。洗濯物を畳んだり、財布のお金の出し入れ、字を書いたり、箸を使ったり、何をするにも不便で、膝にも力が入らず、ふらつきがあります。 のども枯れて話し辛い状況です。 夜は毎日睡眠導入剤を飲んで、2、3時間は眠れますが、震えが出て落ちつかず、その後は眠れません。 むずむず病らしき症状もあります。 (むずむず病はこちらのサイトで知り診断された訳ではありません。) 家族で前向きにサポートしてバランスの良い食事を心がけ、適度な運動(ジムへ週1で通い、ヨガや骨盤体操、筋トレなど出来る範囲で)したり、散歩したりはしています。週に2、3日は少しだけ調子の良い日があります。 ここからが質問です。 病院を変えたらいいか、薬は合っているのか、どうするのがベストなのかが分からなくなっています。進行が早すぎるように感じますが進行度合(yd?)はどのくらいなのでしょうか。 薬は●シンメトレル錠50g2錠1日2回●ネオドパストン配合錠L100 3錠●コムタン錠100mg●ドンペリドン錠10gサワイ3錠1日3回●ゾルピデム酒石酸塩錠5mgサワイ1日1回寝る前 薬を増やされますが、悪化しています。 その他に骨粗鬆症の薬として●フォルテオ皮下注キット600mg●BDマイクロファインプラス32g よろしくお願いします。 (70代以上/女性)

4名が回答 頭・神経
Q

パーキンソンの薬を止めるリスク

person 70代以上/女性 -

私の母の相談です。年齢は87才です。 約10年前にパーキンソン病と診断されました。 現在のパーキンソン治療薬と服用時間 ・服用薬=ビ・シフロール錠0.5mg、ネオドパストン配合錠L100 ・服用時間=6時、9時、12時、15時、18時、21時 特養にお世話になっています。 特養の医師は内科ですので、近くの病院の神経内科を定期的に 受診しています。 ところが、突然、特養の医師が服用を中止しました。 理由は、「最近老化が進んできた様なので、パーキンソンの薬は 老化を早めるから中止してみた」とのことでした。 約1週間後、飲み込めなくなり、誤嚥性肺炎を併発し意識混濁と なりました。体も硬直してしまいました。 話すことも、飲み込むこともできません。 結果は、老衰よりかなり状態が悪くなってしまいました。 パーキンソンの薬を砕いて鼻からチューブで胃に入れても効果 ありません。 肺炎は抗生物質の投与で改善しました。 相談ですが、 1、パーキンソンの薬は気にするほど老化を進行させるのでしょうか。 2、パーキンソン病の薬を途中で止めることは適切だったのでしょうか。   リスクが大きいような気がします。 3、もう無理と思いますが、何か良い方法はありますでしょうか。 以上、よろしくお願いします。 (70代以上/女性)

3名が回答 頭・神経
Q

パーキンソン病の薬の効果は同じですか

person 70代以上/女性 -

母(84歳)が3年前に、パーキンソン病と診断され薬を服用しています。微熱が1か月以上あり・発汗・ひん尿が続いて、1週間入院したところ薬を全部変更されました。連休もあり結局22日間服用しました。主治医に報告したところ、また違った薬を処方されました。同じ効能でしょうか。 プラミペキシソール塩酸塩OD錠0.5mg×2錠からビ・シフロール錠0.5mg×2錠、ドプスOD錠100mg×4錠から3錠へ、ネオドパゾール配合錠×4錠からネオドパストン配合錠L250×3錠へ変わりましたが、変更して5日目になりますが、すくみ足や体の動きが悪くなっているように感じます。 入院中の医師は、むずむず足症候群の症状があり、一部変更しましたとのことでしたが、主治医はだいぶ薬を強くなったので少なくして行きましょうと言っていました。 体のもやもや感で眠れなかったのは治りましたが、発汗・微熱は治りません。 入院中は、5日間、リハビリを日に2回していたので動きが良くなったのではと思っていたのですが、薬の変更がうまくいっていたのでしょうか。 パーキンソン病の他に、不整脈・高血圧の薬の変更・整形外科からのメチコバール錠500mg3錠を250mg6錠へ・リマルモン錠をなしに、と今までの薬を変更されてしまい、戸惑っています。 (70代以上/女性)

1名が回答 検査・薬

このお薬の分類

薬効分類
抗パーキンソン剤
メーカー
第一三共