NO IMAGE

エリキュース錠5mg

ブリストル・マイヤーズスクイブ
NO IMAGE

外因性および内因性血液凝固経路の収束点である第Xa因子を阻害することにより、その下流のプロトロンビンからトロンビンへの変換を抑制 ... 続きを見る し、直接的な抗血液凝固作用および間接的な抗血小板作用を示します。通常、非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制に用いられます。

製品一覧

  • 2.5mg1錠
  • 5mg1錠

関連するQ&A

Q

78歳「うつ」発症3年経過、悪化又は別の病気の疑い

person 70代以上/女性 -

78歳母、3年前ペースメーカー埋込手術を受けた。手術後心臓は問題ないが、術後の病院の対応がきっかけでうつ発症、一時期はせん妄により暴れるため隔離病棟に1か月収容し現在は通院治療中。室内での家事、簡単な食器洗いや洗濯程度はできるが外出は困難。意志がなく受け身、喜怒哀楽がない。顔も洗わず入浴もせず終日ベッドに横になっている。過去精神科を4回変更、現在の医師は、うつはあるがそれだけではない、認知症はない様子だが判断が難しいとのこと。発症後2年経過の間、多少の投薬変更や調整はあれど大きな変化はなかったが、1か月前これまでと異なる薬が処方された途端急激に状態が悪化した。 (心臓用にはカンサデルタン8mgベザフィブラート200mgフロセミド20mgエリキュース2.5mgを常用。)精神科は以下のような処方の経緯です。 1 朝:なし 就寝前:オランザピン錠2.5mg+リボトリール1mg+(不眠時)ニトラゼハム5mgx0.5錠 2 朝:アリピプラゾール3mg 就寝前:オランザピン2.5mg 3 朝:アリピプラゾール3mg 就寝前:オランザピン2.5mg+ベルソムラ15mgx1 上記で低空飛行ながら1年過ごしてきたが、この6月に 4 朝:アリピプラゾール3mgx1就寝前:ベルソムラ錠15mgx1にして以降、体中がそわそわする、言って部屋中を一日中歩き回り、極度の不眠、完全に表情を失い呂律も回っていない。ふらつきが酷く歩行困難。急遽、4にオランザピンを追加したが改善されないため、更に副作用止めも処方した5を服用したが、むしろ悪化に見える。 5 朝:アキネトン1mgx1 夕:アキネトン1mgx1 リボトリール0.5mgx1 就寝前:ベンザリン5.5mg x2 受診している精神科は問診のみの対応です、光トポグラフィーなどは判定に効果はありますか、まずは正確な病名を知りたいです。   (70代以上/女性)

5名が回答 うつ(鬱)
Q

足がむくみみます。

person 70代以上/男性 -

私は85才の男性です。 現在治療中の病気は下記のとおりで薬を飲んでいます。 1. 喘息:シムビコート 2吸入を朝夕2回/日おこなっています。 2. 心房細動の不整脈:エリキュース錠5mg 朝夕1錠、     ハーフジゴキシンKY錠0.125、バルサルタン錠80mg 各朝 1錠 3. その他:便秘のため酸化マグネシウム錠 250mg, ラックビー顆粒N等、 病歴としましては 1.20年ほど前に不整脈が見つかり、カテテール結果冠動脈は特に異常がないとの診断でした。 2.高年齢になってから喘息が再発しました。 3.2015年10月に運動中に足の力が抜ける感じがしたのですぐに検査をするように言われ、脳神経外科病院でMRIの検査を受けたところ脳梗塞との診断で即入院となりました。 4.1年後;2016年10月、歩くとふらつきを覚えるのでMRIの検査を受けた結果は脳梗塞の痕は全くないとの診断でした。 5.2016年12月に検便で血痕が認められ大腸の内視鏡検査でポリープが発見され切除しました。がん検査では良性でした。 最近の健康診断の血液検査の結果はすべてほぼ正常値内です。 足がむくみます、朝起きた時は指で押さえると少しくぼみ跡が残ります、日中は靴下のゴムの部分に大きな「くびれ」が出来ます。 「ふくろはぎ」がパンパンにはります。 掛かりつけの医師からあまり「むくみ」がひどい時は利尿薬を処方してもっらています。 健康維持として ほぼ毎日ストレッチ約20分、ウオーキングマシンにて時速2.5Kmで約20分(心拍数を100以下となるように注意して)歩いています。 今回、お教え頂きことは 足のむくみを改善するにはどうすれば良いでしょうか。 (70代以上/男性)

12名が回答 検査・薬
Q

道路を歩く時のふらつきと足のむくみです。

person 70代以上/男性 -

私は85才の男性です。 現在治療中の病気は下記のとおりで薬を飲んでいます。 1. 喘息:シムビコート 2吸入を朝夕2回/日おこなっています。 2. 心房細動の不整脈:エリキュース錠5mg 朝夕1錠、     ハーフジゴキシンKY錠0.125、バルサルタン錠80mg 各朝 1錠 3. その他:便秘のため酸化マグネシウム錠 250mg, ラックビー顆粒N等、 病歴としましては 1.20年ほど前に不整脈が見つかり、カテテール結果冠動脈は特に異常がないとの診断でした。 2.高年齢になってから喘息が再発しました。 3.2015年10月に運動中に足の力が抜ける感じがしたのですぐに検査をするように言われ、脳神経外科病院でMRIの検査を受けたところ脳梗塞との診断で即入院となりました。 4.1年後;2016年10月、歩くとふらつきを覚えるのでMRIの検査を受けた結果は脳梗塞の痕は全くないとの診断でした。 5.2016年12月に検便で血痕が認められ大腸の内視鏡検査でポリープが発見され切除しました。がん検査では良性でした。 その他として:足がむくみます、朝起きた時は指で押さえると少しくぼみ跡が残ります、日中は靴下のゴムの部分に大きな「くぶれ」が出来ます。 健康維持として ほぼ毎日ストレッチ約20分、ウオーキングマシンにて時速2.5Kmで約20分(心拍数を100以下となるように注意して)歩いています。 今回、お教え頂きことは 歩くときのふらつきです。屋内にて床が平らな状態では特に問題はありあせん。道路を歩くときに足元がふらつきます。両手に軽い荷物(1,2キロ程度のもの)を持った時の方が安定して歩けます。 どのような検査をすれば悪いところを見つけて治すことが出来るかをお教え下さい。 (70代以上/男性)

8名が回答 検査・薬

このお薬の分類

薬効分類
血液凝固阻止剤
メーカー
ブリストル・マイヤーズスクイブ