NO IMAGE

アセトアミノフェン錠200mg「マルイシ」

丸石製薬
NO IMAGE

体温調節中枢に作用し、皮膚血管の拡張により熱放散を増大させて解熱作用を示します。また、視床と大脳皮質における痛覚閾値を高めて痛み ... 続きを見る を鎮めます。通常、頭痛、腰痛症、歯痛、変形性関節症などの鎮痛、急性上気道炎や小児科領域の解熱・鎮痛などに使用されます。

製品一覧

  • 200mg1錠
  • 300mg1錠

関連するQ&A

Q

喉の痛みが治りません

person 20代/男性 -

お世話になっております。 飲み込む際に喉の痛みが強く、 病院の処方薬でも改善されません。 緩和方法や、何科を受診すればいいかご教示ください。 以下、これまでの経緯です。 ◯2月21日(木) 飛行機移動中、喉の違和感と痛みが生じ、その後徐々に痛みが悪化。 ◯2月22日(金) 痛みが強まり耳鼻科を受診。 この時、熱が36.8度。 扁桃腺が腫れていると診断され、喉に塗り薬と吸入をし、以下の薬を処方してもらう。 ・ムコダイン錠250mg ・フロモックス100mg ・ロキソニン60mg ・ソロン錠50mg ・セレスタミン配合錠 服薬後1時間で痛みが引き、夜に飲酒をし深夜2時頃就寝。 ◯2月23日(土) 喉の激痛で起床し、倦怠感があったので、前日の耳鼻科を再診。 喉に塗り薬と、吸入の処置。 この時、多少熱があった。 19時頃、喉の痛みがあり服薬したが、効果を実感できない。 朝4時まで飲み会だったが喉の痛みや発熱、悪寒を感じたため帰宅し、就寝。 ◯2月24日(日) 喉の激痛で起床。服薬後、約1時間で痛みが和らいだが、体の怠さが残る。 18時頃には38度の発熱。 ◯2月25日(月) 8時頃、喉の激痛で起床。熱は37.0程度。 内科を受診し、点滴と以下の薬を処方してもらう。 ・大塚生食注 100ml  セフトリア既存Na静注用1g「ファイザー」 ・ジェニナック錠200mg ・トラネキサム酸カプセル250mg「トーワ」 ・アストミン錠10mg ・カルボシステイン錠500mg「トーワ」 ・アセトアミノフェン錠200mg「マルイシ」 現時点で喉の激痛が治らず、熱も37.0程のまま。 以上です。 アドバイスをお願いいたします。 (20代/男性)

8名が回答 風邪

このお薬の分類

薬効分類
解熱鎮痛消炎剤
メーカー
丸石製薬