NO IMAGE

テオドール錠100mg

田辺三菱製薬
NO IMAGE

気管支の拡張、呼吸中枢の刺激などの作用により、気管支ぜん息、ぜん息性(様)気管支炎、慢性気管支炎や肺気腫によるせきや痰がからむ、 ... 続きを見る 息苦しいなどの症状を改善します。通常、気管支ぜん息、ぜん息性(様)気管支炎、慢性気管支炎や肺気腫の治療に用いられます。

製品一覧

  • 100mg1錠
  • 200mg1錠

関連するQ&A

Q

気管支喘息で処方された薬が多くて驚いています

person 40代/男性 -

軽度(?)の気管支喘息で、経口ステロイド薬を含む5種類の薬をいっぺんに、また、14日分を処方されるのは一般的、または、よくあることでしょうか。 (今までにこんなに大量の薬を飲んだことがなく、不安です。) ■診察 風邪をひき、夜間に咳き込むようになったため、4日前に呼吸器内科に行きました。 まずは診察でピークフローメーターの値をみて、「喘息ですね」。 その後、肺のレントゲン、肺活量検査等をへて、やはり喘息とのこと。 ■処方された薬 気管支喘息用として テオドール錠 100mg 1回1錠(1日2回) アイピーディカプセル 100 1回2カプセル(1日2回) キプレス錠 10mg 1回1錠(1日1回) レダコート錠 4mg 1回2錠(1日1回) シムビコートタービュヘイラー60吸入 2キット 1日2回(1回3吸入) 以上14日分 あわせて、風邪薬を PL配合顆粒、メドロール錠、アストミン錠、ムコダイン錠、ジェニナック錠 以上5日分 処方されました。 (風邪薬の方は抗生剤のみ仕方ないので飲み、他は放置しています) ■不安な理由 環境再生保全機構のサイト https://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/basic/adult/knowledge/medicine.html などを見ると、経口ステロイド薬(レダコート錠が該当?)は重症持続型相当の患者に使用されるようです。 医師からは私の喘息の重症度についてコメントはありませんでしたが、今回の症状を照らし合わせてみるに、軽症間欠型またはせいぜい軽症持続型程度ではないかと思っています。 軽症でも最初にこれら5種類(またはそれに類する薬5種類)程度が処方されるのは一般的、またはよくあることなのかどうか見解をお聞かせいただけますでしょうか。 (40代/男性)

5名が回答 呼吸器・喘息
Q

薬の飲み合わせについて

person 50代/女性 -

薬の飲み合わせの事で質問させて頂きます。 現在気管支炎?喘息との診断により薬を7種類処方され服用しております。 気管支炎か気管支喘息か「?」というのはそれぞれ2名の先生の診断によるものです。 最初に受診した先生は喘息と診断され、4種類の薬+吸入器(メプチン)を処方されたのですがその晩に更に悪化したのでまた翌日に同じ病院に行き前日とは違う先生に診て頂きました。その先生からは3種類の薬を追加され、全部で7種類服用となりました。 薬品名は、 PL配合顆粒 フスコデ配合錠 テオドール錠100mg オノンカプセル112.5mg ムコソルバン錠15mg レスプレン錠20mg クラリシッド錠200mg あとは吸入器でメプチンエアーになります。 飲み始めてから息苦しいというより動悸が激しくなり苦しくなる時があるので気になり飲み合わせを調べたところ、フスコデとテオドールの飲み合わせには注意が必要と記載されてるのを見つけて不安になりました。 かんじんなどんな注意が必要なのかが書かれていませんでした。 他にも飲み合わせで注意が必要なものはありますでしょうか? 付け加えになりますが、病院でレントゲンと血液検査をしたところ、肺炎ではないがCRPが2.3とかなり高いと言われ、2日目の先生の時にクラリシッドが追加になりました。 お忙しいところ恐縮ですが、ご回答頂けましたら幸いです。 (50代/女性)

9名が回答 検査・薬
Q

呼吸が出来なくなりそうな恐怖感との向き合い方

person 50代/女性 -

30代初め頃、気管支拡張症と心臓の心室期外収縮と診断をうけました。気管支内視鏡の検査を受けたのですが、痰の量が多すぎて途中で中断することになってしまいました。その後、引越しや4人の子育てに追われ、痰の量は減らないまま 体を横にして休むことができない状態です。 5年前に、手指の腱縫合手術で入院時した際 お世話になった総合内科の先生が、退院後 気管支拡張症にと、処方して下さった薬を現在も飲み続けています。この頃から、普段低血圧と言われていたのに、上が140~160だい、下が80~120だいと、高血圧になってしまいました。その先生が転院してしまわれて、病院に呼吸器内科がないため、家の近くの呼吸器内科の開業医の先生を紹介して頂き お世話になっております。1年半ほどまえから、急に咳が喘息のように止まらなくなり、痰の量も出し続けている様な状態で、何より動悸がひどくて会話ができない時もあります。母子家庭で、後2年は何とか仕事をこなしたいのですが、呼吸が出来なくなりそうな恐怖で不安でたまりません。 相談させて頂きたい件は、飲み続けているお薬を続けていくしかないのか(副作用が気になっています)と、咳や痰の苦しさや恐怖で睡眠がしっかり撮れないので、何かアドバイスを頂けたらと願い、相談させて頂きました。 お薬は、カルブロック錠8mg(朝) ムコダイン錠500mg(朝、昼、夜) エリスロマイシン錠200mg(朝、昼、夜) ムコソルバン錠15mg(朝、昼、夜) ムコスタ錠100mg(朝、昼、夜) トランサミンカプセル250mg(朝、夜) テオドール錠100mg(就寝前) いずれも、各1錠づつです。他に、月に1週間分のグレースビット錠50mg(朝、夜)各1錠と、胸や背中が痛い時にロキソニン、呼吸が苦しい時にメプチンエアーが処方されています。 宜しくお願い致します。 (50代/女性)

2名が回答 呼吸器・喘息

このお薬の分類

薬効分類
気管支拡張剤
メーカー
田辺三菱製薬