NO IMAGE

パントシン錠30

第一三共エスファ
NO IMAGE

生体内物質CoAの前駆物質で、血清総コレステロール低下作用、血清中性脂肪低下作用、血清HDL‐コレステロール増加作用、脂肪酸酸化 ... 続きを見る 促進作用、血管壁コレステロール代謝促進作用、血小板数改善作用、腸管運動促進作用があります。通常、パントテン酸の欠乏、およびそれに伴う高脂血症、弛緩性便秘、湿疹、血液疾患の治療、ストレプトマイシンおよびカナマイシンによる副作用の予防および治療に用いられます。

製品一覧

  • 30mg1錠
  • 60mg1錠
  • 100mg1錠
  • 200mg1錠
  • 20%1g
  • 50%1g

関連するQ&A

Q

薬の服用と便通の回数

person 70代以上/男性 -

昨年5月の連休時、憩室炎で1週間入院しました。 その後、消化のいいものやよく噛んで食べています。また医師の勧めもあって、酸化マグネシウム330とパントシン錠を夕食時、パントシンサン(粉末)を朝食時に服用しています。 そのためか、最低でも便通は1日2回、時に4回もあります。この1年間で2回きれいな赤い出血がありました。便器が染まっているのでわかりましたが、きれいな血でした。 肛門の切れ痔と思われます。 便通は1日1・2回に抑えたいのですが、無理でしょうか。 服用している薬は、朝食時に「フリバス25mg」「セルニルトン」「ピタバスタチン」「イコサベント酸」「カンデサルタン半錠」夕食時は「セルニルトン」「フリバス25mg」「パントシン30」「イコサベント酸」、毎食後「ベリチーム」と「ビオフェルミン」を飲んでいます。 なお、今年2月14日の大腸内視鏡検査では、「S状結腸を中心に、左側結腸全体に憩室が多発している。脾湾曲部の発赤はやや縦走傾向もあり虚血なども伴っている可能性あり。 他には、回腸末端、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に異常所見はありません」でした。 今年4月23日の血液検査のマグネシウム値は2.6で、前回の血液検査のこの項目はありません。 1日の便通を何とか1・2回にとどめたいのですが、勝手な想像ですけどビオフェルミン、パントシン、マグネシウム酸のどれかを減らせばいいような気もします。 適切なご助言をお願いします。 (70代以上/男性)

5名が回答 胃腸・消化器
Q

大腸憩室もあり、ひどい便秘でこまっています。

person 30代/女性 -

こんにちは。数年来の便秘で困っています。バランスのとれた和食を心がけ、もともと殆ど肉類は食べませんし、食物繊維も意識して摂り、ヨーグルトが大好物で、一日2リットル摂取にも気を付けてきました。よく歩きますし、ヨガも始めました。オリゴ糖やプルーンや、効果のあるものはすべて取り入れています。それでも、腸の動きが悪く(弛緩性便秘)、かかりつけの胃腸科では、マグミット(9錠を分3で)、パントシン、ビオフェルミン、腸を温めるための漢方として人参湯、真武湯、当帰芍薬散が処方されています。(以前効いていた大健中湯は効かなくなりました。)ヨーデルもいただいていますが、一週間に一度も使用しないにも拘らず、5錠飲んでも反応はありません。そして7月30日、39度ほどの熱で内科を受診すると、検査の結果、右の大腸憩室炎ということがわかり、抗生物質と整腸剤をいただきました。便は全く出ないわけではなく、時折イチジク浣腸を使用していますが、日に日に溜まっていく感じでどんどん鼓腸が強くなります。憩室もそのせいだろうとのことでした。主治医の先生も、便秘はこれ以上どうにもできないとのことでした。ネットサイトで麻子仁丸がいいとも書かれていましたが、何かよい手立てはないでしょうか。ご助言いただけましたら幸いです。 (30代 女性)

1名が回答 胃腸・消化器

このお薬の分類

薬効分類
ビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)
メーカー
第一三共エスファ