NO IMAGE

パントシン錠100

第一三共エスファ
NO IMAGE

生体内物質CoAの前駆物質で、血清総コレステロール低下作用、血清中性脂肪低下作用、血清HDL‐コレステロール増加作用、脂肪酸酸化 ... 続きを見る 促進作用、血管壁コレステロール代謝促進作用、血小板数改善作用、腸管運動促進作用があります。通常、パントテン酸の欠乏、およびそれに伴う高脂血症、弛緩性便秘、湿疹、血液疾患の治療、ストレプトマイシンおよびカナマイシンによる副作用の予防および治療に用いられます。

製品一覧

  • 30mg1錠
  • 60mg1錠
  • 100mg1錠
  • 200mg1錠
  • 20%1g
  • 50%1g

関連するQ&A

Q

鬱、パニック発作より改善しかし起床時がつらいとの事

person 70代以上/女性 -

以前相談しました者です。79歳の母のことです。昨年4月末精神科に入院し今年1月20日に退院しました。入院4ヵ月程で元の母に戻りましたが、相変わらず下腹部の違和感(医師曰体感幻覚)は治らないようです。症状ですが起床してから昼ぐらいまで調子が悪いようです。午後から就寝まで何とか調子が悪いなりにもに生活しております。本人曰く下腹部の違和感は一日中あるそうで、朝目が覚めた時から調子が悪いそうです。 午後から調子悪いなりにも多少いいようです、目覚めの調子がいい方法(薬)で何とかならないでしょうか。 薬は食後ベラパミル40m、1錠 アンブロキソール錠15m、1錠 イフェクサーSRカプセル37.5、メコバラミン錠500、1錠 セディール錠10m、1錠 ミヤBM細粒 寝る前にシンラック錠2.5m、1錠 ベルソラム錠15m、1錠 レメロン錠15m、2錠 パントシン錠100m、1錠 レスリン錠50 2錠 ロゼレム8m、1回夕食後 レスリン錠50 朝1錠、昼1錠、夜2錠 寝る前2錠 何とかして起床時少しでも楽にしてあげたく相談いたします。食欲は有りすぎて太りました。最後に調子が良い時でも下腹部の違和感は取れていないそうです。起床時よりは良いとゆうことです。散歩にもあまり行きたくないようです。 宜しくお願い致します (70代以上/女性)

9名が回答 検査・薬

このお薬の分類

薬効分類
ビタミンB剤(ビタミンB1剤を除く)
メーカー
第一三共エスファ