NO IMAGE

パルミコート吸入液0.5mg

アストラゼネカ
NO IMAGE

吸入ステロイド薬であり、気道の炎症を抑えることによって、喘息発作の程度、頻度を軽減します。通常、気管支喘息の治療に用いられます。 ... 続きを見る すでに起きてしまった発作を速やかに抑える効果はありません。

製品一覧

  • 0.25mg2mL1管
  • 0.5mg2mL1管

関連するQ&A

Q

7日前 上がったり下がったりの発熱

person 乳幼児/女性 -

1歳1ヶ月の女の子です。 7日ほど前に上の子(4歳)の風邪がうつり高熱を出しました。解熱剤を使い翌朝には下がり、またその夜中に発熱とその状態が2日間ほど続きました。この時点ではツブロテロール小児用、ブルスマリンドライシロップ小児用が処方されました。 3日目に熱は一旦下がりましたが、痰がらみの咳が酷くなってきた為、セレスタミンシロップ4ml、パルミコート吸入液、メプチン吸入液(吸入器で)、ツロブテロールテープ0,5mgが追加処方されました。 そこから痰がらみの咳は少しずつは減ってはきているのですが、初めに発熱してから7日経った今日の夕方にまた熱が上がってきておりまして、現在では38度あります。母乳も良く飲みますし、離乳食も残さずにきちんと完食します。日中も機嫌も良いです。ただ夜間に熱が上がってくると、何度も起きてその度に授乳をしてあげている状況です。 この時点で肺炎を起こしている可能性は考えられますか?また初めからマイコプラズマ肺炎などの感染症の可能性はありますか?だとしたら、確定診断はどのようにしてもらえば良いですか?かかりつけの小児科の先生はレントゲンは撮影されません。聴診か抗生剤投与で様子をみられる方針の先生です。 (乳幼児/女性)

3名が回答 赤ちゃん・子供

このお薬の分類

薬効分類
その他の呼吸器官用剤
メーカー
アストラゼネカ