NO IMAGE

ピレチア細粒10%

高田製薬
NO IMAGE

フェノチアジン系の抗ヒスタミン薬・抗パーキンソン薬で、アレルギー症状やパーキンソン病の症状をおさえ、中枢神経などの抑制作用により ... 続きを見る 麻酔強化・睡眠増強・解熱・鎮痛・制吐作用などを示します。通常、振戦麻痺、パーキンソニスム、アレルギー性鼻炎、皮膚疾患に伴うかゆみ(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、薬疹、中毒疹)、じんましん、かぜによるくしゃみ・鼻汁・咳、乗り物酔い、麻酔前投与、人工(薬物)冬眠、花粉症、血管運動性浮腫の治療に用いられます。

製品一覧

  • 5mg1錠
  • 25mg1錠
  • 10%1g

関連するQ&A

Q

緑内障とうつ関連の薬について。

person 20代/女性 -

50代母の薬のことでご相談させてください。 浮動性めまいがやまらず、これまで飲んでいたのが アナフラニール25mg 1錠 ロナセン散2% 0.1g レキソタン細粒1% 0.2g ピレチア細粒10% 0.1g NIM配合散 1g セフタック細粒10% 1g (内服 分3毎食後) そして就寝前はデパス1mg 1錠 単位がよくわからないのですが、デパス以外を粉にして まとめて飲んでました。 1日3回だったのが1日2回になって、数か月前から1日1回になってました。デパスはかわらず就寝前1錠です。 昨日緑内障であることがわかり、上記薬では緑内障によくないということで、昨日夜から本日1日、薬を飲まない状態でした。 本日主治医からは寝る前の薬としてユーロジン2mgを毎晩半錠ずつ服用として処方されました。 それ以外の薬はなしです。 お伺いしたいのは、 ・これまで飲んでいた薬は、量としては多いほうでしょうか。また、きつい薬でしょうか。 ・緑内障によくないのはどれでしょうか。 ・1日薬を飲まないとたいへん具合が悪そうでしたがかわりの薬を処方してもらうべきでしょうか。いきなり飲まなくなるのは危なくないでしょうか。 ・ユーロジンはデパスよりきつい薬でしょうか。 たくさん申し訳ないですがお教えいただければありがたいです。 (20代 女性)

1名が回答 うつ(鬱)

このお薬の分類

薬効分類
抗ヒスタミン剤
メーカー
高田製薬