NO IMAGE

レンドルミン錠0.25mg

日本ベーリンガーインゲルハイム
NO IMAGE

中枢神経系の代表的な抑制伝達物質であるGABAを介して情動をつかさどる視床下部や大脳辺縁系を抑制し、自律神経などからの不要な刺激 ... 続きを見る が遮断され、催眠、鎮静、抗不安などの中枢神経作用を示します。通常、不眠症の治療、麻酔前投薬に用いられます。

製品一覧

  • 0.25mg1錠

関連するQ&A

Q

味覚障害でのビタミンB12過剰の原因と対策

person 70代以上/男性 -

・耳鼻咽喉科に長年通院していますが、1ヶ月前から味覚障害となりました。血液検査では、ビタミンB12-3120A pg/mL・亜鉛-79ug/dLの内容でした。耳鼻科先生からルネスタ錠(1mg)からレンドルミン錠(0.25mg)に変更して20日間経過しましたが、以前と状況変りません。 ・耳鼻咽喉科の28日分の投薬は1日当たりメリスロン錠3錠(6mg)、メイラッックス錠2錠(1.0mg)、レンドルミン錠1錠(0.25mg)です。味覚障害となった時点10日後に約4年間投薬されていたルネスタ錠(1.0mg)からレンドルミン錠に変更しました。以上から下記をお尋ねいたします。 Q1)変更後の投薬で味覚障害が、徐々に完治されますか! 完治されるまで、概略何日程度掛かりますか! Q2)検査結果のビタミンB12:3120Apg/ml(基準値:max~914)は基準値の3倍ですが、この原因は果たして味覚障害の原因の1つなのか、何故ビタミンB12が3倍になったのか!この両要因はルネスタ錠投薬なのか、補足のサプリなのか。 Q3)上記の病症から、肝臓・腎臓等の病気の疑いが感知されますでしょうか!(現在、掛る病気に過去無縁でした。) Q4)現状では、大手病院で再検査の必要性がある程、深刻に考えていませんが如何でしょうか。(つまり、数ヶ月で完治するであろうと勝手に憶測!) 補足:言い忘れました耳鼻咽喉科通院の症状は、めまい症です。又、内科通院では甲状腺機能低下で3年前からチラージンS錠(25ug)1錠/日投薬しています。更に3年前から左右緑内障となりキラタン点眼液(0.005g)朝1滴点眼しています。緑内障のサプメントとしてブルーベリーアイ-プレミアム(ビタミンB12含入)は止めました。 (70代以上/男性)

3名が回答 眼科・耳鼻科
Q

飲んでいる薬について

person 70代以上/女性 -

私の母についてです。10年前から脳神経外科に通っていてMRI検査で脳に腫瘍があると診断され経過観察で一年に一回MRIを撮るようになりました。腫瘍は大きくならずそのままですが、今年に入ってから神経内科を受診してみないかと言われ、受信しました。脳が萎縮していると言うことで、薬を処方されましたが、飲むと眠くなるのと身体が動けなくなると言うことで本人が飲んでいてもいいのか不安になっています。元々心臓近くの動脈瘤のバイパス手術を受け、飲む薬が多いので私も少し心配しています。循環器病院では、アローゼン顆粒1g(1回1g)1日1回就寝前とガスターD錠20mg2錠(1回1錠)1日2回朝夕食後とアイミクス配合錠HD1錠(1回1錠)1日1回朝食後とレンドルミン錠0.25mg 1錠(1回1錠)1日1回就寝前とトラムセット配合錠2錠(1回1錠)1日2回朝夕食後 と飲んいる。内科では、リピトール錠5mg1錠、アロプリノール錠100mg「イセイ1錠、メコバラミン錠500(ツルハラ)3錠を処方され毎回ではありませんが服用しています。それから脳神経外科ではドパコール配合錠L50、3錠とドプスOD錠100mg6錠を1日3回毎食後服用。ウブレチド錠5mg0.5錠1日1回昼食後服用。エクセグラン錠100mg0.25錠1日1回朝食後服用している。脳神経外科の神経内科では大丈夫と言いますが、薬飲みすぎではないですか。どうでしょうか? (70代以上/女性)

11名が回答 検査・薬
Q

双極性障害と発達障害について

person 30代/女性 -

息子の妻(30代)が2年前から双極性障害の治療をおこなっています。2人とも子供を欲しがっていますが、今は自重しています。私とは別居ですので詳細が不明ですが、朝が起きれないようで仕事も休職中です。本人の復職の意思が強く、かかりつけ医とは半日勤務からトレーニングしてみるとの話になっているようです。先日テレビで発達障害の放送があったのですが、当てはまるケースがいくつかあり、気になっています。今後どのような治療がいいのかご教示のほどお願いいたします。 (状況) 1.朝が起きれない 2.部屋のかたずけがにがて。しかし最近自ら片付けを行うことができてきた。 3.躁のとき好きなことをやり始めたら止まらない 4.長時間の集中作業の後は寝込んでしまうほど疲れる。 5.友達が少なく、引きこもりがちである。→息子が誘えば外出も可能 6.自閉症性パニックはありません7.私があまり心配すると本人が気にすると思いあまり立ち入っていません。 7.息子も病気に対して理解しようとしている (処方薬) 1.炭酸リチウム錠200mg「アメル」   3錠/日 2.アモキサンカプセル10mg                2錠/日 3.ラモトリギン錠100mg「日医工」 1錠/日 4.レンドルミン錠0.25mg                     1錠/日 5.ゾルピデム酒石酸塩錠5mg               1錠/日 6.ミルタザピン錠15mg「明治」          1錠/日 (お聞きしたいこと) 1.双極性との診断で抗うつ剤も飲んでいるようですが、注意点はどのようなことが考えられるでしょうか。 2.発達障害の可能性は考えられるでしょうか。 3.職場復帰における注意点はいかがでしょうか? 4.現状の処方薬での子作りの可否ならびに代替薬はあるでしょうか。 (30代/女性)

5名が回答 うつ(鬱)

このお薬の分類

薬効分類
催眠鎮静剤、抗不安薬
メーカー
日本ベーリンガーインゲルハイム