NO IMAGE

ペミラストンドライシロップ0.5%

アルフレッサファーマ
NO IMAGE

ヒスタミンなどのアレルギーを引き起こす物質が出てくるのを抑え、アレルギー症状を改善します。通常、気管支ぜん息、アレルギー性鼻炎の ... 続きを見る 治療に用いられます。既に起こっている発作や症状を速やかに軽減する薬ではありません。

製品一覧

  • 0.5%1g

関連するQ&A

Q

鼻水が続いています。

生後7ヶ月半の女の子です。 4月21日の夜中に38度3分の発熱と鼻水、喉が赤い症状があり セフゾン、ペリアクチン3日分を処方されました。 その後、お熱は下がりましたが鼻づまりの症状は続いており 耳鼻科に行って鼻吸引を1週間ほど続けましたが 症状が良くならず。母乳の間も苦しそうでしたが この間、お薬はもらえませんでした。 お家でも鼻吸引はしていますが思うように吸えません。 4月30日に小児科へ。ボララミンシロップ0.04%を朝昼夕6日分処方してもらいました。 その間、耳鼻科で鼻吸引は続けていましたが回復せず。 5月1日、他の耳鼻科でペミラストンドライシロップ0.5%、ムコダインDS50%を朝夕7日分を処方してもらいましたが症状は回復せず。 この間も耳鼻科で鼻吸引は続ける。 5月7日上記の耳鼻科でカルボシステインドライシロップ33.3%、ペミラストンドライシロップ0.5%朝夕7日分処方してもらい鼻吸引を続けていますが、いまだに 回復の兆しは見られません。 お熱は最初だけで後は出ていません。鼻はつまったり、たれたりしています。 喉はたまに赤くなっているようで耳鼻科で2回ほど喉を塗ってもらいました。 (1)ずっと症状は変わらないが、このままお薬を飲むべきでしょうか? (2)7ヶ月半の赤ちゃんがずっとお薬を飲んでいて平気なのでしょうか? (3)耳鼻科ではなくまた小児科へ行くべきでしょうか? (4)他の赤ちゃんにうつったりしないでしょうか? よろしくお願いします。

1名が回答 赤ちゃん・子供
Q

痙攣の事でお聞きいたします

person 30代/女性 -

4月27日に小児科でみずぼうそうと診断されました。翌日、昼に熱測ると38度5あったのですが、割と機嫌もよく普通に過ごしていましたが、15時くらいに突然痙攣をはじめました。一分くらい続き、痙攣は二回目ですが、私が見るのは初めてで、びっくりして救急車を呼んだのですが、救急車の中で熱測ると39度6まで出ていました。手と足もどす黒い感じになっていました。救急車の中では痙攣は止まっていましたが、意識が鈍い感じでした。呼んでもなかなか起きようとはしなくて。病院に着き説明してると二度目の痙攣をしました。二度したとゆう事で、随膜炎の検査もしましたがそちらは大丈夫でした。一日点滴治療して、昨日退院しました。で家での薬を処方されたのがペリアクチン散1パーセントでした。中耳炎で耳鼻科にも通っていたので、今日行ってきたら耳鼻科の先生が、痙攣した子はペリアクチン飲んだらダメだよと言われびっくりしました。それを飲まないように別の薬出されました。エリスロシンドライシロップ20とペミラストンドライシロップ0・5とムコダイン50のこな薬を出されました。点滴治療した病院は救急病院で、担当の先生は若い女医でした。点滴もなかなか入らず4、5回目でようやく入りました。今日耳鼻科でペリアクチンは飲ませたらダメと聞いたのですごい不安ですその女医の先生に、随膜炎の検査もされたのでより不安になりました。もう終わった事ですが大丈夫なんでしょうか? (30代/女性)

1名が回答 赤ちゃん・子供

このお薬の分類

薬効分類
その他のアレルギー用剤
メーカー
アルフレッサファーマ