NO IMAGE

ベネット錠17.5mg

武田薬品工業
NO IMAGE

骨の組織を壊す細胞(破骨細胞)に作用し、骨吸収を抑制することによって、亢進した骨代謝回転を抑制します。通常、骨粗鬆症の治療に用い ... 続きを見る られますが、骨ページェット病の治療にも用いられます。

製品一覧

  • 17.5mg1錠

関連するQ&A

Q

パーキンソン病の症状

person 70代以上/女性 -

私の母の相談です。年齢は85才です。 数年前にパーキンソン病と診断されました。 現在は、腰、足首が曲がり、歩行ができません。 老人ホームにお世話になっています。 薬の効果で、意識が普通のONの時間帯もありますが、 辛そうなOFFの時間帯も多くなってきました。 現在のパーキンソン治療薬と服用時間 ・服用薬=ビ・シフロール錠0.5mg、ネオドパストン配合錠L100 ・服用時間=7時、11時、15時、19時 食事の時にON状態となるように服用しています。 薬を服用して、1~1.5時間でONに、2.5~3時間後にOFFとなりますが、 ずっとOFFの日もあります。また、ONの時間も短くなってきました。 相談したいことですが、OFFの時、自分の意思とは関係なく寝ているように 意識がなくなり、唾液が出続けます。辛そうです。 本人に聞くと「フワーっと意識がなくなるようだ」とのことです。 この症状の原因は何と予想されるでしょうか。 パーキンソン病の進行、薬の副作用、内蔵疾患等が考えられると思いますが。 また、この症状を軽減できる方法はありますでしょうか。 他の薬は、以下を服用しています。 ・朝のみ:フェロミア錠50mg、タケブロンOD錠15mg、ラシックス錠20mg ・1週間に1回ベネット錠17.5mg ・寝る前:ロヒブノール錠1.1mg、フランドルテープ40mg、      センナリド錠12mg ・朝昼夜:マグラックス錠250mg、グルファスト10mg(食前) よろしくお願いします。 (70代以上/女性)

1名が回答 頭・神経

このお薬の分類

薬効分類
他に分類されないその他の代謝性医薬品
メーカー
武田薬品工業