Q

自己免疫性の後遺症による気質性障害

5年前 突然の頭痛があり、検査結果、左脳による委縮と白質浮腫があり、即入院して、ステロイドパルス治療にはいりました。骨髄液は異常ありませんでした。血液検査では、自己抗体の数値が異常に高値であったのを覚えています。
入院当時は、自分の名前、誕生日など話せなく、軽い失語症になり、現在も一緒です。
今は、外来になりステロイドを処方していますが、失語、妄想幻覚、クスクス笑い、がひどく、また万引き等も繰り返し、全くの別人となりました。妻は、とても優しく社会に反する事など決して行わない人でした。
夫として、どう対応したらよいか困惑しております。
これらは、ステロイド副作用なのか、又は後遺症なのか、どの様にお考えかご回答をお願い致します。
(40代/女性)

質問者:そう さん

6人の医師からの
回答があります

LEWY 先生

LEWY 先生による、そうさんの自己免疫性の後遺症による気質性障害への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。