Q
解決しました

ホルモン剤の量と効力の違いについて

ホルモン剤の量と効力の違いについて、ホルモン剤は乳腺疾患のリスクを高める恐れがあると聞きますが、より影響を与えるのは、量よりも効力が大きいホルモン剤なのでしょうか。効力がより高い低用量ピルか、ホルモン量が多いカウフマン療法かどちらがリスクが高いのか知りたくお伺いしました。(以前質問した関連ですが、効力と量の違いについてだけよくわからなかったのですみませんがお伺いさせていただきました。)
(30代/女性)

質問者:あい さん

4人の医師からの
回答があります

小嶋 哲矢 先生 プロフィールを見る

小嶋 哲矢 先生による、あいさんのホルモン剤の量と効力の違いについてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。