20代コロナ怖いです

person20代/女性 -

コロナで20代の人も重症になって
亡くなったり、
最近は髄膜炎になりましたよね。
すごく怖いです。。

仕事も家で出来る仕事や時差出勤
も出来ないので毎日普通に電車乗って
人混みも行ったりしてしまってます。

それに、病院も皮膚科や耳鼻科や
婦人科に通院してるので病院も
普通に行ってます。
今月はまだ乳腺科での検査もあります。

同居してる親は心臓病を持病にもってます。同居してる親も心房細動の手術を控えており入院するかもしれないし
検査をするために何回か電車に乗って
通院しなければなりません。
他にも色々病院行かなければいけない所があるので行くことになってます。

どうしたらいいのでしょうか、、
怖すぎます。。

【新型コロナウイルス(COVID-19)についての質問】

person_outlineまめさん

15名の医師が回答しています

脳げ 先生

マスメディアの不安を煽る過剰報道は一切見ないほうが良いです。正確な医療情報はテレビからは一つも入手できません。
あなたがCOVID-19に感染したとしてもただの風邪で終わり気づかない可能性のほうが高いです。
こちらのHPを参考にしてください。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200307-00166492/?fbclid=IwAR290N251pIiTmdh_aE7Y9eeGsMRDKmzjMa42vJNoCeMEKQNN5xhUz6POdY

宮本 浩次 先生

整形外科 - 済生会守山市民病院

COVID-19を悪魔的な感染症と思っていませんか?
危険性はインフルエンザを若干強くした程度、感染力はインフルエンザよりも弱いとされています。
インフルエンザでもインフルエンザ脳炎を起こして命を失っている人も多いですよ。
一般的な予防法で十分だと思います。

みみ・はな・のどが専門です 先生

耳鼻咽喉科

私も咳をしている患者さんを診察するとき、ちょっと怖いなと思ったりしてしまいます。
手洗い、うがいなど可能な予防対策の徹底、そして休養・栄養・睡眠を十分にとり免疫力の低下を予防しましょう。

木山 昌彦 先生

予防医学科 - がん循環器病予防センター

基本的な手洗いうがいをきちんと励行することでしょう。インフルエンザより問題かというと難しいようには思います。安心のためには通院には公共交通機関よりは車の方がいい様には思いますね。

hirobon 先生

形成外科

交通事故で死亡するリスクのほうが高い、という程度の認識でいたほうが良いのではないでしょうか。あとは不安を煽るようなテレビやネットは見ない、ことですね。

Dr. Kazu 先生

消化器内科

マスクを着用して、手洗いを励行して下さい。人混みには行かないようにして下さい。通院は車の方が良いと思いますが、混んでいる車両は避けて下さい。

ブラウンジャック 先生

脳神経外科

通勤・通院も含めて、外出したくなくても外出せざるをえない人は山ほどいます。
手洗い励行、マスクなどでの自己防衛するしかありません。

冬眠中の熊 先生

精神科

必要な受診は予定通り、先延ばしできるなら延期するとよいですよ。
コロナ以外の病気が悪化しては元も子もありませんから。

なぎ輔 先生

精神科

手洗いなどしっかり行い、必要な受診を行うと良いでしょう。
お大事になさってください。

関西の精神科医M 先生

精神科

やはり予防、適度な手洗い、うがい、マスク着用、アルコール消毒等が大事と思います。

ニューロロジスト西 先生

神経内科

きちんと手洗い、うがいを心掛けましょう。
それだけでも大分リスクはさがりますよ。

朝日系 先生

精神科

手洗いうがいなどの普段と同じ風邪予防くらいしかできないでしょう。

木村 尚大 先生

一般外科 - 水戸下肢静脈瘤クリニック  東京中央美容外科水戸院

手洗いやうがい、マスク着用など徹底するしかないでしょうね。

o-leave 先生

整形外科

手洗い、うがいを、しっかりと行う事が重要でしょう。

くまもん 先生

新生児科

とにかく手洗いうがいの徹底になります。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師