自費リハビリしかないのでしょうか?

person50代/男性 -

lock有料会員限定

 東北地方の県庁所在地に暮らす52歳男性です。昨年7月に内頸動脈解離が原因の脳梗塞を発症し、内頸動脈と前頭葉にステントをいれてもらいました。急性期病院に3週間、回復期病院に3週間入院し、主に、大きな声、張りのある声が出せないことの改善のためリハビリをしました。自宅療養して、9月から復職しました。仕事は、教員です。
 その後も月に2回通院リハビリに通い、理学療法士によるマッサージを受けました。途中、嗄声、反回神経麻痺を疑い、耳鼻科で検査を受けましたが、声帯もきれいで傷付いてもいない、声門の動きも左右差ないという診断で、大きな声が必要なら、マイク、スピーカーを使うことを勧められ、現在、会議などの際に、小型スピーカーを腰につけて、ヘッドセットを使って話しています。
 結局、大きな声、張りのある声が出せるようにはならないまま、3月でリハビリは終了となりました。 
 そこで教えていただきたいのは、1つは、地方の医療やリハビリ施設、療法士の数から、保険適用内のリハビリを受ける方法はないのでしょうかということです。定期的に診察していただいている急性期病院の先生には、大きな声、張りのある声が出せないことは、後遺症として残存するかもしれないし、少しずつ良くなるかもしれないと言われています。あとは、自然治癒を期待するしかないのでしょうか?
 もう1つは、ネットなどで調べると、保険適用外の言語オンラインリハビリがあり、そちらを試したらよいかとも検討しています。自費リハビリというのは、効果を期待をしてもよいものでしょうか?

person_outlineやんさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師