「加齢黄斑変性症と黄斑前膜に併発について」の追加相談

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

恐れ入ります。
改めましてお尋ね致します。

黄斑前膜と加齢黄斑変性の併発で
先に黄斑前膜の手術をした場合、
黄斑部が大きく凸上に腫れあがることはあるのでしょうか?
盛り上がって中に空洞のような所見が見られます。

術前のOCT画像では黄斑部の凹みはなかったのですが、
凸上に腫れあがってはいませんでした。
餅を焼いたように膨れ上がり、中に空洞のような初見が見られます。

自覚症状としては術前にはなかった症状として
見ようと捉えた物体が直ぐに消えてしまうようになりました。

重複した質問内容になっているかもしれませんが何卒宜しくお願い致します。
術後2か月半を経過しようとしております。

person_outlineサクライロさん

加齢黄斑変性症と黄斑前膜に併発について

person 70代以上/男性 -

先日から加齢黄斑変性症と黄斑前膜を併発している患者について
色々お尋ねしております。

80代男性が今月頭に黄斑前膜の手術を終え、
翌日の検査では、術前より視力が落ちていました。
数値は裸眼矯正共に0.04です。
自覚症状は画像を捉えてもシャボン玉のように消えてしまい、
人の顔はぼんやり逆三角形のように見え、色彩の認識も難しいようです。
主治医は術後に、最低でも半年から数年かかると告げられました。
何故手術前にその説明をして頂けなかったのか今は疑問でしかございません。

主治医は術前とさほど変わらないとの説明ですが、
自覚症状は、術前に曲がって見える等はありながらもまだ見えていたのが
全く見えなくなっております。

念のため他の眼科で視力のみ計測しました。
裸眼0.02で矯正不能との事でした。
町の眼鏡屋さんでも裸眼0.02で矯正不能との事でございました。

術後約1月経過致しました。
直近の検査で主治医いわく回復してきているとの診断です。
本人の自覚症状は悪化したままで全然見えないようです。
眼鏡屋さんでは視力は矯正でも変わらないので手術した眼は
度数無しを勧められました。

質問です
1.主治医の言う回復の根拠は、本人や家族が何かを見て確認できるのでしょうか?
例えば画像等。 
画像であれば術前よりもどのようになっていれば回復していると判断出来ます
でしょうか?

2.術後1月経過しましたが、本人の自覚症状では術前よりも悪化したままのようです。
このままこの病院で回復していく可能性を待ち望むよりも
セカンドオピニオンを考えるべきでしょうか?

3.主治医は患者が高齢者の為、術後ステロイド注射を選択されましたが、
抗VEGFですと脳卒中等で亡くなるケースは良くあるのでしょうか?

person_outlineサクライロさん

元の相談の回答をみる

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師