「頚椎症性脊髄症とパーキンソン」の追加相談

person60代/女性 -

lock有料会員限定

手術前や手術後に肩甲骨(特に右)に
灼熱感を持った強烈なだるさが
ありましたが、ややそれが軽くなったかわりに、
両腕の上腕に痛みが、出てきました。
先に左手上腕が痛くなり、右手上腕も
痛みが出て、今は両腕ともに二の腕が
痛く、着替えがしにくい状態です。
肩こりもあります。
これは頚椎の手術後の回復に関係しているのでしょうか?
15 年程前に五十肩になりましたが
その時の症状にそっくりです。
その時も上腕の痛みと肩こりでした。
整形外科では肩関節が悪いとのことで
肩関節体操を教えていただいた他に
肩にぬるロキソニン軟膏をいただきました。
肩に注射の方法もあるけれど
腕が上がらないわけではなく
動かさなければ痛みも無いのでしばらく様子見とのことです。
頚椎の術後にこういった症状は
あるのでしょうか?
それとも、また五十肩になってしまったのでしょうか?

person_outlineめだかさん

頚椎症性脊髄症とパーキンソン

person 60代/女性 -

2019年の秋から字が書きにくく
2020年春から倦怠感や胃もたれ
手足指のこわばり、顎、手足の痺れで

2020年8月に右C4/5の頚椎症性脊髄症
頚椎前方椎間孔拡大術をしました。

術後3ヶ月のMRIは順調で
痺れも減りましたが
巧緻障害が改善せず右手に歯車様強剛で
パーキンソンの検査をしました。
12月の検査で
早期HM ratio 3.31
後期HM ratio 3.52
washout rate 18.9%と亢進なし

脳のMRIは正常
薬が効けばパーキンソン効かなければ否との話で
神経内科専門医で投薬中です。

メネシット1週目50mgを1日に2回、2週目は3回
3週目は100mgを1日3回で7週間飲みましたが効かず
その後シンメトレルに変え
50mgを1日3回を5週間飲みましたが効かず
今はシンメトレル100mgを1日3回ですが変化を感じません。
専門医は、パーキンソンか否かは不明との診断です。
 
リハビリの整形外科医では
頚椎からの失調症状との診断です。

字を書く時や包丁を使う時に震えがあり
一応書けますが汚く書く時
肩甲骨に熱い怠さが出ます。
安静時は震えはなく
右手の手の平に痺れと指のこわばりがあります

足はふくらはぎのだるさと右左足指に
こわばりがありますが普通に歩けます。
階段も手すり無しで大丈夫です。

神経内科専門医に今後をお聞きしたら
複数の薬併用を試すかどうかでした。

副作用も怖く治っても
薬の効果なのか、術後の自然回復やリハビリ効果なのか
分からずこの先どうすればいいのかご教示ください。

また巧緻運動障害が改善しないのは頚椎なのか、
(歯車様強剛は、頚椎症でも出ることがありますか?)
パーキンソン病なのか症候群なのかもご教示ください。

person_outlineめだかさん

元の相談の回答をみる

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師