トリコモナス症の疑問 自然治癒や再発の可能性は?妊娠中のリスクは?どう対応?

  • 作成:2016/09/29

トリコモナス症は性病の1種ですので、病院にいくのは、気がひける方もいるかもしれません。ただ、自然に治る確率は低いため、病院に行くのが適切です。再発や妊娠中のリスクを含めて、専門医師の監修記事で、わかりやすく解説します。

近藤恒正 監修
落合病院 副院長
近藤恒正 先生

この記事の目安時間は3分です

トリコモナス症は自然に治る?

トリコモナス症は自然治癒する?放置リスクは?

トリコモナスに感染した場合、自然治癒する確率は、大変低いと言えます。男性では、自覚症状がないことがほとんどですが、全く症状が出ていない場合でも、自分が感染源となって、公共のプールなどの利用、または性交渉により他の人へうつすおそれがあります。

また、そのまま放置すれば、いずれ尿道炎や膀胱炎を発症する可能性があります。自覚症状が表れない場合には軽く考えがちですが、パートナーが感染していることがわかったときには、自分も感染している可能性が高いと考えて、一緒に治療を受けるようにしてください。

トリコモナス症の再発の可能性

トリコモナス症は、性交渉のパートナーと同時にきちんと治療を行い完治すれば、再発する可能性は低いでしょう。ただし、女性が腟錠(腟に入れる薬)や軟膏による局所療法のみしか行わなかった場合には、腟以外の他の臓器に寄生しているトリコモナス原虫を完全に排除できないために、再発するおそれがあります。全身のトリコモナスを取り除くには、内服薬(飲み薬)による治療が必要です。

ただし、一度完治したとしても、再び感染することがあれば、再度発症する可能性は十分に考えられます。一度かかると、免疫がついて再度発症しないような種類の病気ではありません。

妊娠中にトリコモナス!母体、胎児、出産に影響はある?

腟は細菌が侵入しやすい構造になっていますが、通常は「自浄作用」といって感染を予防する働きがあります。腟内には「デーデルライン桿菌」という菌が、普段から住みついています。この菌が腟上皮の細胞のグリコーゲンを乳酸にかえることで、腟内は酸性になっており、そのおかげで他の菌が感染したり、繁殖したりしにくくなっています。

ただし、妊娠や出産、体調を崩したりすると、腟の自浄作用は弱まります。また、子どもや更年期以降の女性では自浄作用が弱くなっています。腟の自浄作用が低下すると腟炎にかかりやくなります。

トリコモナスの感染により、流産や早産、または早期に破水する可能性もあります。前期破水などが原因となって、早産や低体重で生まれた赤ちゃんは、体が未発達なまま生まれてくることも多く、病気にかかるリスクも高くなります。

そのようなことがないように、トリコモナス腟炎の症状がある場合には、妊娠中であっても早目に受診して適切な治療を行うようにしましょう。

妊娠中にトリコモナス症の治療はできる?通常の時と違う?

トリコモナス腟炎の治療薬である「メトロニダゾール」は、胎盤を通り抜けてお腹の胎児に影響を及ぼします。そのため、妊婦さんの場合、特に妊娠3カ月以内では内服薬(飲み薬)による治療は行わず、腟に直接入れるタイプのお薬を使います。

また、妊婦さんが感染していると、出産時に赤ちゃんが産道を通るときに、赤ちゃんにうつしてしまう恐れがあります。適切な時期に検査を受けて感染がわかった場合には早目に治療するようにしましょう。



【トリコモナス症関連の他の記事】


トリコモナス症の自然治癒や再発可能性、妊娠中の対応などについてご紹介しました。「何かの性病にかかったかもしれない」と不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師