心筋梗塞・狭心症の前触れは?心臓以外にも現れる「見落とせないサイン」

  • 作成:2021/08/26

虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)は、心臓を動かすための栄養を送る血管が詰まり、全身に血液を送れなくなる病気です。詰まる場所によって様々な症状が現れますが、一度で死に至ることもある危険な病気です。

アスクドクターズ監修ライター アスクドクターズ監修ライター

この記事の目安時間は3分です

心筋梗塞・狭心症は予防できる?前触れはあるの?見落とせないサインは

ライフスタイルの変化で増えた虚血性心疾患

日本人の死因の第一位はがんですが、それに次いで多いのが心臓の病気です。なかでも虚血性心疾患は、近年増加傾向にあります。虚血性心疾患の要因としては、加齢や遺伝、そしてライフスタイルの変化があげられます。
虚血性心疾患は、心臓の血管(冠動脈)を詰まらせることで起こりますが、その詰まりの原因は“動脈硬化”です。動脈硬化は突然起こるわけではなく、数年をかけて血液中に余分な脂肪がたまり、血管の内側の壁にプラークという塊を作り、それがコブとなって血流を妨げるのです。この動脈硬化を招く最大の原因が、ライフスタイルの変化です。

日本人の食生活は、低カロリー・低脂肪から、欧米のように高カロリー・高脂肪へと変化しました。これによりコレステロール値は増加、余った脂肪が血管でプラークとなります。さらに、車での移動やエスカレーターなど近代化で運動量は減少、情報化社会のなかではストレスも大きな問題です。

ただ、ライフスタイルに大きな原因があるのなら、虚血性心疾患は予防することもできるということ。粗食とまではいかないまでも、カロリーや脂肪、塩分に気をつけて摂る量を加減する。エスカレーターは使わず階段にする。ストレスはあると感じたら発散し、ためないようにする。これらのことを心がければ虚血性心疾患にかかるリスクを大幅に減らすことができます。また、喫煙は血流を悪くするので、心臓を守るためには禁煙することも必要です。

虚血性心疾患から身を守る見落とせないサイン

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
残り1441文字

症状や健康のお悩みについて
医師に直接相談できます

  • 24時間受付
  • 医師回答率100%以上

病気・症状名から記事を探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師